何歳まででも乙女かのう

俳優、アイドル、二次元、コスメなどの趣味について毒舌混じりに書いてるブログ。

推しの前に立つなんて無理なんだけど

こんばんは。自意識過剰がネガティブな方向へ向かっているおたくかのです。

今回のテーマは「握手会に行けないおたく」です。

これって私だけ?と思ったので書いてみようと思いました!

 

私は声優のおたくを3年くらいやっていたことがあって、遠征も2か月に1回とか行ってました。これが初めて遠征した沼でした。

病気をして経済的、体力的にそういった活動ができなくなりその方を嫌いになったわけではないですが(今でも出演アニメはチェックしてます)現場に行けなくなってしまいました。

 

この時、同担が苦手だった自分の周りで仲良くしてくれてたのは他の声優さんの熱心なファンの方々でした。よくイベに一緒に行ってくれた関西からの遠征おたくの子は

私が現場引退してから全通とかしてるのをSNSで見ましたw

とても可愛くていい子だったのでイベ一緒するのもアフターにご飯とか行って、今日の推しがああだこうだ言ったりするの楽しかったな。青春だった。

 

そんな他担の友達にプッシュされて推しの握手会に一回だけ参加したことがあります。

一度だけの恋なら・・・いやなんでもないです。

私は自分のルックスとか声とかもろもろ大嫌いなので、自分ごときが推しの接触イベに行くのが気恥ずかしいというか時間の無駄になってしまうなとかさまざまな感情が渦巻いてどうしても無理です。

その時は、これを最初で最後の思い出にしようと思ってCDを一枚だけ買って応募したら当たっちゃいました。まだあまり人気がなかった頃なのか座席の左右隣の子は別の声優推しだったw割と好きなんで来ちゃいました!って感じのw

推しの対応は神でした。私のような田舎からきた自意識過剰ウジ虫に優しく話しかけてくれました。彼は肉が好きなので地元の名産の肉の話もしましたw

翌日、乙女ゲーイベの現場で地元の友人と合流し、感想を述べたあと、背中を推してくれた他担の友達にも少しあえて「どうだったー?」っていじられました。

これはこれで参加してよかった一生の記念になりました。

でも、次からは友達に勧められても絶対阻止してました。

私は推しを客席からじっと見守りたい。

こんなだから毎回遠征には手紙を書いていきましたが、名前が覚えられることはなかったでしょう。

だって、存在を知られたくないんですもの!!w

だから、推しに覚えてもらうことの快感が全く理解できないんです。

いやだって、忍者のように影に隠れてたいんだもの。

すごい美人に生まれ変わるか整形したら行けるかっていうとそうでもない。

推しのプライベートとか知りたくないので、出待ちとか絶対無理です。

握手会はお仕事だけどさ。うーん。難しい。推しが生身の人間だって意識がないのかしら私。

 

かといって二次元にガチ恋できるかというとそうでもないです。この作品の中ならこの子が好きってのはあるけど、ころころ変わるし。

あ、声優おたのほうも恋じゃないです。対面するの無理なのに恋なわけないじゃん。

私にとって推しは尊敬する人で一生憧れの人っていう概念なのです。

そんな気軽に握手できる人じゃないんだ。

ほら、国王とかそういうレベル。握手会なんて謁見ですもん。一部の幹部にしか許されない行為ですよ!女性声優さんのいろんな国の概念すごい好き。

 

声優イベントに行けなくなった私ですが(体調不良で)同時期にどれも同じようなイベで飽きていたのもあります。酷いときは傾斜のない会場にパイプ椅子で声しか聴こえなかったイベもあった。

 

そして、地方からの交通の手配に、チケットの当落でハラハラして、せっかくなのでコラボカフェとかも寄ってって予定立てて、すごいがんばって行ったのに期待値ほどのものは観れないで帰るっていうね。疲れちゃったんですよ。

 

だから、今遠征して舞台を観に行きたいと思えないでいます。

生で観たことないからよさがわかってないのかもですが、移動と交通費を考えると席運のない自分が現場行く意味って・・・ってなっちゃう。

配信も早いし、BDもなんでも出るし。ライビュもやるし。

 

若い頃はライブハウスとかよく行ってたしアリーナとかホールのコンサートもめっちゃ行ってたので現場の楽しさはライブに限ってはわかってたんだけどな。

今はもう翌日の疲れとか考えちゃってはじけられないから現場行かない。

 

茶の間、そして私は忍者おたくです。

 

それでも、客席から推しを観るときもおしゃれしたくて新しい服買ったりしてたなぁ。

今は現場行かないので気合い入った服なんて一着もないや。

洋服好きだったし遠征してた頃は痩せてたしまだ少しは今よりましだったからか。

おしゃれする機会が他になかったからかな。

 

なんかすっかり枯れたおばさんになったなーと実感する今日この頃。

 

でも私のような忍者って珍しいんですよねたぶん。

ツイッターとかやっても同担苦手だから絡む人いないし、共感を得られる気もしない。

今も昔も推しがずっと私の憧れでいてくれてお仕事頑張ってくれてたらそれでいいんです。お金に余裕あるときにこっそり購買して貢献しますので。

 

そんな私が今欲しいのは染さまのブロマイドです!

コンビニプリントかメイトで取り扱ってくれたらいいのになー

ブロマイドって中学生の頃から好きです。スマホでいくらでも画像見れるけどブロマイドは特別。写真集は大学の頃某アミューズ俳優のを買って一回しか読まなかったので買わないようにしてます・・・(ぱるるのスタイルブック?持ってるけど)

逆に連載本とかは好きです。活字と写真が載ってるのがいい!

 

そう思ってたら舞台男子の書籍化第二弾にそめさま!

インタビュー買ってなかったので他のメンツもちょいちょい好きなのでこれはマジ欲しい。ポストカード、地方ではもらえないなぁ。

このへんの舞台男子ってりゅうじくんやおごたんも載ってた気するけど掲載なしかー残念。

 

出版業界不景気ときいて本を買ったときは少しいいことした気分になります。

今月号のマキアで美容雑誌初めて買った。メイクブラシ使うの楽しみ!

そろそろ春物欲しいのでファッション誌も先月からマークしてるけどなかなかコスパいい雑誌ないのね。ふろくに懲りすぎてて雑誌ペラペラとか本末転倒。

 

そして、声優雑誌も高いなと思ったけど俳優雑誌はDVDいらないからもっと安くして・・・最近時間なくて立ち読み行けないのでつらい。

紙もぺらいのでいいのでJ事務所の雑誌くらいの値段にして・・・。

 

脱線して長くなったのでこのへんでしめ。