何歳まででも乙女かのう

俳優、アイドル、二次元、コスメなどの趣味について毒舌混じりに書いてるブログ。

NEOGINE CREATIONに聴く進化し続ける水樹奈々さん

 こんにちは、かのです。

 <御礼>

 いいねや読者登録などして下さっている方誠にありがとうございます!!

 まだまだ拙いブログですが訪問してくれる方に恥ずかしくないよう精進していきたいと励みにしております!

 

 さて、今回は昨年の12月にリリースされた声優の水樹奈々さんのアルバムについての感想を書きます。つい最近じっくり聴いたため今更な感じになってしまいました。

 奈々さんのアルバムが出たことは上坂さんのラジオ中のCMで知っていて、「STAND UP!」と「絶対的幸福論」がCMでは使われていましたが、あまりサビだけの印象はピンと来なかったのです。

 私は「深愛」で奈々さんのファンになり、しばらく熱心にファンをやっていたという話は前にも書いたと思うのですが、ある日彼女のまっすぐな音楽が苦手になってしまったことがあって。

 奈々さんファンの知人にひどく裏切られる出来事があったことも関係あるかもですが、それらのことですっかり沈んでしまっていた自分には彼女の「体育会系」なノリがどうも疲れて感じてしまったのです。それでも2年前にリリースされた「SMASHING ANTHEMS」は聴いていました。しかしこのアルバムは2012年リリースの

ROCKBOUND NEIGHBORS」でも現れていた「水樹奈々にいろんなジャンルの歌、歌わせてみました」感が詰まっててちょっとテンション下がって聴いていました。

 奈々さんは歌がうまいですしいろんな曲を聴きたいのは制作陣もファンも思っていたのかもしれません。でも、この2枚のアルバムでは実験をしつつ、「間違いないシングル曲」を合間に挟みつつだましだましやっているような印象を受けました。今回のアルバムもそのままだったらつまらないなーと思ってリリースからしばらく聴けずにいました。

 同じようなアルバムを出されるくらいなら、バラードのみを集めたアルバムや、激しいカッコいい曲のみを集めたセレクトベストでもやったほうが面白いとも感じました。

 しかし、そんな負の感情を一掃してくれるパワーがこのアルバムにはありました。

 まず1曲目の「めぐり逢うすべてに」はバラードです。そこに驚いたファンの方もレビューを見ていたら多かったように思います。この曲はサビで難解な音程を求められる難しい歌ですがさすがの奈々さんです!バラードですが力強い曲です。「夢」「強さ」が何度も歌詞にあり、奈々さんが歌うことで説得力の増す曲になっています。

 1曲目から掴みはばっちりです。

 2曲目はヨシダタクミ氏の提供。この方は以前のアルバムから提供されていますね。今回はアルバムの核になる楽曲を数曲提供されています。

 「STAND UP!」は夢をあきらめてしまいがちな大人に向けての応援歌です。サビ前からサビ後の部分までの歌詞が印象的で好きです。

 ケルト音楽のような(BUMPがよく使う雰囲気)音が入っているのがお洒落。

 3曲目「Please Download」はテクノポップで現代の恋愛をテーマにしています。個人的にはあまり好みではないです。声優さんの歌に声加工は求めてないので。

 4曲目「ALONE ARROWS」は今の私にすごく刺さる歌でした。藤林聖子さんのお名前を声優さんの歌詞カードでよく見かけるので気になっていました。(今度調べてみますね)ラスサビ前の歌詞がはっとなります。「孤独」「寂しさ」本当はぬくもりを求めているといったテーマの歌で、奈々さんの力強いボーカルがぴったりの曲です。勇気が出ます。

 5曲目「TWIST&TIGER」は作詞は矢吹さんです。こんな時代に悲しくなるような出来事ばかり、それでも世間に踊らされず頑張ろうといった曲です。

 奈々さんでも落ち込んで考え込むことなんてあるのか、なんて当たり前のことを考えてしまいました。しかし彼女の人気が上がるにつれ彼女に迷惑のかかるような悲しいニュースも時たま見かけるようになりました。ましてや有名人はああだこうだ世間に意見を言われる立場の方ですしね。

 一般人の自分たちにもあてはめられるし、奈々さんの現状を考えても聴ける素晴らしい詞です。

 このへんで気づいてしまいました。今回のアルバムはとても「人間らしい」歌詞の歌が多い。私たち聴き手に寄り添うような歌詞も多いですし、ただ「頑張ろう」っていうのとは何か違うようだ。近年辟易してしまっていた「体育会系」の押し付けとは違って苦さも経験した「大人」な深みのある世界が展開されています。

 6曲目「Rock Ride Riot」もヨシダタクミ氏の作詞。サウンド的には「恋の抑止力」を思い出させる雰囲気のダンスナンバーかな?個人的にはあまり好みではないです。

 7曲目、こちらファンの方からの評判がよかったですね「はつ恋」。「純潔パラドックス」大好きな自分は大好きな曲になりました。ジャンルは和ロックかな。奈々さんの色っぽい歌い方がもうペンライトで捧げをやりたくなる名曲。

 歌詞が叶わぬ恋で、歌の主人公がヤンデレ気味なのも雰囲気あっていいと思います。

 8曲目「JEWEL」は奈々さんの作詞です。癒し、優しい気持ちになる落ち着いた曲でいい意味聴いているほうも聴き疲れしない曲です。この曲順で入れたこと大正解ですね。次からまた派手目な展開になるのでw

 9曲目「UNLIMITED BEAT」はエレガ上松氏の提供です。一時期エレガ期と言われるものが存在したほど、奈々さんの人気・勢いを支えてきた上松氏曲。今回も派手でアツくて存在感ありますね。タイアップがないのが不思議なくらいw個人的には今回は歌詞重視のものが多かったので1曲くらいでちょうどよかったと思ってます。上松氏の曲は良くも悪くも二次元的で歌詞の意味を味わうタイプのものではないので。

 そういえば奈々さんがエレガ離れした時期にキング再編があり、同じくキンクリに移籍した蒼井翔太さんも上松さんの提供じゃなくなりましたね。深読みしてしまう。

 10曲目「WAKE UP THE SOULS」は次の11曲目にして唯一のシングルでアニメタイアップ「STARTING NOW!」につながるに相応しいハイテンションな曲です。しかし、自分は今アルバム唯一のシングル曲であるこちらをあまり気に入ることができなかった。

 12曲目「GLORIA」は正統派のアツイ曲。今回収録されてるアツイ曲の中では一番好みです。神曲か!アニメタイアップがあっても不思議ではないクオリティです。

 13曲目「RODEO COWGIRL」こちらも藤林聖子さんの作詞。私が一番好きな曲かもしれないw歌詞がほんと共感できるんです。1回目のサビ前の「普通の尊さ理解してる」とか「努力が一番だけど運にも期待しちゃう」、みたいなニュアンスが奈々さんという女性をリアルに、そしてお茶目に可愛らしく見せています。

 サビの言葉遊びも楽しい。2番の「割と前から決まってた予定なのに行くのがめんどい」とか「行ってしまえば楽しいのに」ってのも共感できすぎてやばいw最近こんなことが多くて悩んでた私ですが、大人の女性ってこういうもんなんだな。音楽の中に同志がいるなんて嬉しくなりました!

 等身大の女性としての奈々さんを描いている曲で、可愛らしいサウンドがお茶目です。疲れてる女子ファン聴いてみてほしい!w

 14曲目「君よ叫べ」は奈々さんの作詞作曲です。15曲中2曲作詞をされてるのはバランスがよくていいですね。先ほどとはうって変って元気出るカッコいい曲です。中二的な当て字もこちらは健在!

 15曲目「絶対的幸福論」はまさかのリア充ラブソングでした。ヨシダタクミ氏提供。男性目線のラブソングというのも面白い。歌詞がストレートすぎて非リアにはまぶしいですがw

 そしてこの手のクライマックスにくるバラードって「ファンと私」の関係性に当てはめられるものも多いと思うんですが(アイドルは特に)この曲は完全に「君と僕」の世界観でしか聴けないです。最後に意味深にこれをいれてきたのは意味があるんだろうか?今回のアルバムはヨシダタクミ氏ほんとキーパーソンでしたね!他のクリエイター陣さまもお見事でした!

 全曲レビューのほかにも考察じみた文章など入れていたら文字数が長くなってしまい読みづらくて申し訳ないです。今までと違った「成長」した「大人」な少し苦味のある奈々さんの歌に興味のある方にはぜひ聴いてほしい一枚です!