何歳まででも乙女かのう

2・5次元の感想や俳優の茶の間ライフ中心にアイドルや声優についても書いてるブログ。

坂道グループのお気に入り曲10個選んでみた。

 こんばんは、まりぴよです。

 私の中で「別れ」の鉄板曲が乃木坂さんの「サヨナラの意味」なんです。

 最近この曲を聴くことになるお別れの機会があって、聴いてみたら前に聴いていたときより「強く」なっていた自分を感じました。

 人生の中で「別れ」の鉄板曲って誰しも出てくると思うけど、今回は「別れ」ではなく坂道グループの楽曲に焦点を置いて書いていきます。

 なぜなら最近欅坂46のspotifyプレイリストを聴くことが多いからですw

 ちなみに坂道グループとは秋元康氏プロデュースの女性アイドルユニット乃木坂46・欅坂46の総称です。(けやき坂もここに入るのかな?)

 私はメンバーのことはよくTVで見かける子は数名顔と名前が一致するくらいで特定の推しメンはいないので、歌詞と曲調メインで選曲しました。

 * サヨナラの意味/乃木坂46

 


乃木坂46 『サヨナラの意味』

 この曲はとにかく歌詞が秀逸すぎる。

 サビが今は一番好きです。この曲って「強くなれ」っていうのがメッセージだと思います。

 別れって悲しい、なんでこんな想いしなきゃないんだろうってメンタルで聴くと別の部分の歌詞が響くのだけど今の私が聴くと「強くなれ」に聞こえます。

 他にもこの曲の歌詞には心の刺さるフレーズが多々あって聴く側それぞれに刺さるところが違ってこその歌詞のように思います。

 どんな別れか、その人が人生でどんな別れを経験してきたのか、たくさん解釈もあっていいと思います。

 恋愛の歌に聞こえもするし、私は女性同士の仲間の別れ(卒業ソングだし)がしっくりきますね。何か所かその辺あいまいに表現されてるとこも聴き手に考える余地をくれるので名曲だと思います。

 

 サイレントマジョリティー/欅坂46

 


欅坂46 『サイレントマジョリティー』

 デビュー曲にして欅坂のカラーを世間に見事に打ち出した楽曲。兵隊のように統制されたダンスと軍服+制服風な衣装、テーマの深い歌詞などすべてが計算され尽くした名刺代わりになる勝負曲です。

 私はティーンでもないのに、この曲の総合的なかっこよさに惹かれて欅坂の楽曲を聴くようになりました。

 この曲もすべての歌詞に意味があって痛いくらいにメッセージが伝わってきて、刺さる箇所が多いんですよね。

 今、歌詞を見ながら聴いていたら頼もしくて涙出そうになった。

 

 *「世界には愛しかない」/欅坂46

 


欅坂46 『世界には愛しかない』

 2ndシングル。最初はあまり響かなかったんですけど、プレイリストやアルバムで聴いてるうちにメロディが頭から離れなくなった1曲。

 「世界には愛しかない」ポジティブすぎるワードに前作の攻撃的なイメージの真逆を歌われて混乱するものの、思春期の少女って反抗心と愛の双方があって成り立ってるということなのかなと。この言葉が言えるのは10代の強み。

 セリフが極端に多い構成も面白いです。浄化ソング?w

 

 *二人セゾン/欅坂46

 


欅坂46 『二人セゾン』

 リリース順意識してないけど3rdでした、イコラブのいおりちゃんもカバーした高音が美しい名曲(推しの宣伝)

 この曲の歌詞のストーリーって初期の乃木坂みがあるなと私は思うんですが、この曲は別れまでもちゃんと描かれている。君が去ってしまったあとも話は続くって作りなのが欅っぽくてよき。

 とにかく耳が心地いいのもおすすめなポイント。

 

 *大人は信じてくれない/欅坂46

 


欅坂46 『大人は信じてくれない』Short Ver.

 二人セゾンのカップリングだったのか。ちゃんとMVがあるのがすごい。

 こっちは完全に闇のほう。

 英語の歌詞が入っているのが珍しい。しかしアイドルなのに歌詞めっちゃ攻めてる(この曲に限ってではないが特に著しい)

 これも歌詞すべてに意味が込められているところが好き。

 愛なんかほしくもない。さっきの「世界には愛しかない」と相反する言葉。

 同じ少女の言葉なのか?思春期の情緒を表しているか、あるいは人間なんてみんなそういったさまざまな「気分」を使い分けて生きている存在なのか。

 他の曲と対比して考察するのも興味深い「闇」の歌詞。

 ちなみに「月曜日の朝、スカートを切られた」もこちら寄り。

 

 *エキセントリック/欅坂46

 


欅坂46 『エキセントリック』

 一番好きな欅曲!まずサウンドがかっこよすぎる!!!珍しくメロディ面から好きになった楽曲。

 私はサビに救われるような想いがします。子供の頃から変わってると言われ続け、今も社会に適合できてない私には、こういう歌が必要だった。

 生きづらいすべての人に届いてほしい曲です。(自分語り)

 

 アンビバレント/欅坂46

 


欅坂46 『アンビバレント』

 最近一番聴いてる欅曲。クールな歌詞は韻を踏んでるのがポイント。

 人間関係めんどくさいすべての人に届け・・・わかりみが深い。

 歌詞やメロディよりスピード感とラップ風の韻を踏むことで新しい欅らしさを確立できている曲。何度聴いても飽きない。

 ここまで見事に欅のメジャー曲ばっかになってしまいにわか全開。

 でもMVとか意外に見たことなかったので公式チャンネルの巡回して勉強します。

 欅共和国のCM観てとても気になっている・・・。

 ここからは乃木坂の懐かしめの名曲行きますね!

 

 制服のマネキン/乃木坂46

 


乃木坂46 『制服のマネキン』Short Ver.

 かっこいい!ストレートに反抗してくる歌詞とMVがいいです。

 当時の乃木坂の中では尖ってるけど好きだなー!

 

 バレッタ/乃木坂46

 


乃木坂46 『バレッタ』Short Ver.

 MV冒頭4分くらいゲス芝居しかないので注意*

 これはMVがえぐいけどかっこいいのと、曲調が異国情緒あるのと、歌詞が男の子目線の鉄板乃木坂節なのがもうわけわからないんだけどツボに入る。中毒性高い。

 

 *何度目の青空か?/乃木坂46

 


乃木坂46 『何度目の青空か?』Short Ver.

 生田ちゃんセンター曲。この時代の乃木坂曲に弱いな。

 視界が開けるような爽快感のあるサビのメロディが素敵。

 このあたりの曲が好きなのは歌詞がいいから。

 まるで秋元さんから若者へのお手紙のようで、ぜひ語り継いでほしいとさえ思う。

 

 シンクロニシティ/乃木坂46

 


乃木坂46 『シンクロニシティ』

 近年のだと一番好き。偶然MVがケーブルTVで流れてて気になったら乃木坂の新曲だったという。

 美しいダンスも魅力だし、盛り上がるオーケストラの音楽も、時代を盛り込んだ歌詞も総合的に見ていい曲。

 あれ?1曲多いですね。11曲になってしまった。

 どれもはずしたくないのであえてこのままにします。

 さて、欅坂公式youtubeで勉強してきます!!

 平手ちゃん主演映画公開おめでとうございます!!