何歳まででも乙女かのう

2・5次元の感想や俳優の茶の間ライフ中心にアイドルや声優についても書いてるブログ。

WOWOWのスーダン再演感想とか

 こんばんは、かのです。

 テレ東のオンデマで「御茶ノ水ロック」1話観ようと思ったら有料でした。初回SPは見れたしフジのオンデマみたいに1週間無料かと思ったら。なんてケチくさいの!テレ東なんて入らない地域多いのにこれかよ(不満)

 そのうち日テレプラスでやらないかな?男水はやってたし・・・いや?テレ東?え、わけわからん。

 年末にWOWOWでやってた「スーパーダンガンロンパ2」再演(2017年)を録画で観たので軽く感想を書こうと思います。

 ネタバレあり。ご注意を。(アニメの3とかもあり)

 初演もWOWOWで観ました。1年前くらいかな?(ぼんやり)

 副音声も録画でも聴けるようなので後日確認したいと思います。

 普通に映像で観ると最後に15分くらいのキャストトーク映像が入ってました。嬉しい。うえちゃんはほんと嬉しそうに喋る子だな。

 本編は続投キャストが9人くらい。半数くらいは変更やWキャストでした。

 個人的にスーダンでの推しキャラはソニアさんなんですが、前回の役者さんのほうが好きでしたね。今回の方は仕草はいいんだけど滑舌とハーフっぽさがなぁって感じ。

 七海は今回のほうが好きかな。七海は設定的にも感情込めないでゆっくりしゃべるので演技初挑戦のアイドルの子でも棒がかえって活きるというか。原作では棒じゃないけどね。

 再演を見たかった一番の要素としてはぼっちゃんがうえちゃんだったからですね。初演はWキャストで片割が鯛造くんだったから2・5次元若手俳優枠なんだろうか?

 ヤンキーみある役はKの美咲がイメージ強いけど、今回のはマジの極道だしとても気合い入ってた感じしました。あまり来ない役柄で嬉しいと言ってましたし。

 このキャラ結構出番は少ないかと思いきや途中からメインになってきますし。(生き残りキャラだしペコの退場後はより一層気合い入れてくる)

 ペコは前回と同じキャストさんだと思うんだけど安定感ありました。そして、九頭龍とペコの二人が・・・ほんとしんどい。私ぶっちゃけ日向と七海よりこっちのカプのが推せる・・・(おい)

 久しぶりに観たけど犯人と被害者は案外覚えてました。原作ゲームもやってるのでホテルみたいな迷宮に閉じ込められる以外は3時間の枠でやれてるのもなかなかいい構成だし。

 おまけトークでひろきくんが言ってたように「おしおき」シーンも尺、演出共にパワーアップしてましたね。これはダンロンシリーズで大事なとこなのでよかったのでは。舞台だとゲームよりえげつないけど・・・。

 キャストは続投の方は皆さんよかったんだけど、序盤から存在感すごかったのはガンダムですね。個人的に。

 ゲームでは田中くんあんま好きじゃない(ソニアさんには左右田がいいと思ってるゆえ)んだけどこの役者さんのガンダム好きだ。

 澪田とか終里も安定感あってよかったです。

 アニメの3を観てからの再演だったので終盤の謎が明らかになっていくパートは初演より感慨深かったです。

 3は絶望篇のほうグロすぎて途中で切ったんですけど、それでも平和だった頃の彼らが絶望に落ちていく過程は知ってたので。未来篇は完走しました。これ見てから舞台観ると日向と七海の関係性とかカムクラ先輩のこととかより深く観れますね。

 最後のほう七海から希望のかけらをもらう日向くんのシーンがすごく好きです。

 脱出したあとがどうだったか説明がないのは終盤長かった割に拍子抜けですがダンロンシリーズって割とそうだったなぁと思うのでいいのかな!

 3の舞台化が発表されてるので2をまたやることがあるのかとても微妙ですがひろきくんのおまけトークの感じからするとなくもないっぽい??

 そしてひろきくんの狛枝は安定の気持ち悪さでした。さすが。客席で芝居をするシーンなんかあの距離で狛枝見たら鳥肌モノだろうなと怯えましたww

 そしてあんな狂ったキャラなのにキャラに愛をもって否定しないで「彼はこうは考えないんだな」って言うひろきくんはやっぱりすごいと思います。

 刀ステの本丸に戻ってくるようで一安心しています。山姥切は次回こそいないのか・・・??

 脱線しましたが再演なので軽くにしときます。副音声楽しみ!

 らぶフェスとかミュ・ステの新作も配信はよ・・・。

 うえちゃんの中也が観たいけど文ステライビュまだ迷ってます。ブロマ通販は個人であるのかな?あったら神か。

 あ、それと染さんのオフィシャルサイトができましたね。もっくんの流れに似ている。事実上これがFCか。現場に行かないので恩恵も少ないから会員にはならないですね。ブログ相変わらずマメにやってくれてるし。

 学園ベビーシッターズも、もっくんと出てるし最近セットが多いな。(このアニメはちょっと合わなそうなので1話で切りました。子供嫌いだからか)

 声優のほうはほんと求めてないので、学べビ原作勢の友人に「顔はいいけど声優はほんとダメな子でごめん」してしまいましたよ・・・けなし愛か。

 なんか久しぶりにテレビ画面でフルで舞台観たら疲れがすごい。

 無印のほうも録画してるので近々観たいな。

鍵アカウントの代わりになるアプリ「mine」

play.google.com

 こんばんは、かのです。

 前回の記事で少し触れた最近お気に入りの呟きアプリを紹介します!

 私はこのブログのカテゴリでわかるようにいろんな趣味があるので、それぞれのアカウントをツイッターとかで作ってたらキリがないというw

 まぁでもそうやってる方もたくさんいると思うんですが、自分が呟きたいだけでそれを誰かに見てほしいとか反応が欲しいわけではないのでこちらのアプリにたどり着きました。

 愚痴アカウント代わりには今までilkaというのを使っててそれもまだ使ってるんですが、mineで愚痴も言えますね。

 使い方としては、掲示板なんかに近いです。

 自分でトピを立ててその中で呟けます。

 たとえば、アニメ・音楽・映画・・・みたいにカテゴリ分けできます。

 ログは全て残るのか不明なんですが機種変しなければある程度は残りそうです。

 私は何か発したくなったらこれに呟いておいてブログのネタにしたり、愚痴ったり、コスメの使用感とかもとっさにメモできて見返せるので便利です!

 最近わたしはLINE疲れが酷いんですが、SNS疲れがひどい方や鍵アカウント代わりになるものが欲しい方にはぜひ使ってほしいアプリです。アンドロイドだけなのかな?

 最近作品(舞台)とか観れてなくて感想もないし、何かモノ申したい怒りがあるわけでもないし更新のネタが不足してます・・・。

 

12月~1月上旬オタ活まとめ

 あけましておめでとうございます。かのです。更新ご無沙汰しておりました。

 お正月っぽいことするのが苦手なのでSNSは沈黙、年賀状も書かない、初詣も行かなかったのにセールに行ったら今年も風邪もらって寝込んでましたw

 さて、合法的に?引きこもれるお正月のオタ活まとめてみた。

 *染さまおちゃろく番宣(あにレコ・さしめし)

 いよいよドラマ「おちゃろく」が10日スタート!

 ってことであにレコでは借りてきた猫状態の流司氏の隣でめっちゃ頼れるお兄ちゃんやってた染さん。基本弟ポジションのことが多かったからしっかりしてるのはレアだった。この日の髪型とかもスーツ好きの自分には最高でした!役柄楽しみ。

 そしてChiyuさんとのさしめしめっちゃ笑ったww

 関西弁ちょっと移ってるのかわいかったな。

 始まる前から崎山氏がボーカルのライバルバンドのほうが推せると思わせるさしめしでしたw

 *年越し声優特番(BSプレミアム)

 録画で見たんだけど紅白とCDTVは早送りしたら1時間くらいで終了したのに、こっちはほぼ全編見てた感じ。声オタのサガか。

 戸松ちゃん安定の美人美脚なのにドヤ顔するし、それを見守るあやひーの姉感w

 VTRは若手で好きな人たくさん出てたのでマジご褒美でした!

 みかこしに「様子がおかしい」と言われるすみぺwwあの日メイクも病みメイクだったよねw

 奈央ちゃんとかあおちゃんとか梶くんとか蒼井くんとか天使でした。あざっす。

 ほそやん相変わらずイケメンだったわ・・・

 マジ感想書いたらキリないんですけどとりあえず今年の年越しもやりましょう!!!

 *キンスパトリニティ(Abema)

 なかなかNHKとかの放送ないなーと思ったら年末にAbemaに投下されるとは。

 すみぺ、唯ちゃん、いのりんの3人のライブ。

 それぞれの持ち時間が40分くらいで順番に出てくる。

 すみぺは自虐とトークが相変わらず面白いし、めっちゃお人形みたいに可愛い。

 そして元ゆいかおりガチ勢の自分は久々に見た唯ちゃんの完璧なまでのアイドルさと人気に圧倒されてアルバムをソロとゆいかおりベスト借りてきましたww衣装や髪型もかわいかったな。

 いのりんは歌と声は好きなんだけどキンスパでちょっとイメージ下がったかな。(ファンの方見てたらすまない)

 キング御三家は偉大すぎて越えられないけど、個性豊かで(主にすみぺ)唯ちゃんに至っては王国レベルのものが築けそうなカリスマ性があるかと思った。

 しかしハニカム推しソングだったのか。(感心)

 *あやちLIVE(Abema)

 公国のライブ。あやちはこのツアーのアルバム聴いてたんで映像で観てみようと思ってながら見してたんだけどやっぱ彼女もトークが面白いww

 歌もアイドル系からネタ、かっこいい曲までいろいろあって歌メインの構成やVTRや演出メインの構成もあって楽しかった。

 そういえば今期のアニメはあやち多いな私。シトラスとだがしかし2観ます!

 *ジャニーズカウントダウン

 最近のジャニはわからんのだけど淡い期待を抱いて、録画してたらKAT-TUN活動再開きたぁぁぁああああ!!!!待ってたよー泣

 やっぱ私はKAT-TUNで歌って踊ってる亀が好きだ。ドラマとりあえず録画♪

 *初売りセールでのコスメドカ買い

 ドラッグストアって初売りのとき安いんですよね。プチプラだけど高いものや試してみたかったものを買いました♪なかなかコスメ記事書けてない・・・。

 *FGOはじめました

 12月の中旬くらいにはじめました。リアルの知人に沼ってる人が何人かいて気になったのでwストーリー面白い。ガチャはデレステより渋い。☆4が最初の確定しかいない。ボス倒せるのかこの先。今四章です。

 *スタマイお正月ステージの難易度まずい

 メインゲーと化したスタマイ。3~6日にやってたお正月マップがえぐすぎて2日目のしかクリアできなかった。

 *気になってたCDドカ借り

 欅坂とかNMBとかUVERとかアニメ関係のまとめ借りしたんだけどね、不景気の余波なのか値上げしてて全然お得じゃなかった 汗

 *文ステのうえちゃんかっこいい問題

 文豪は原作途中で降りたのでアニメもちらっとしか観てなかったんだけど、ツイに上がってるうえちゃんかっこよすぎないか!?12月はそのことで頭いっぱいだった。ブロマ欲しい。ライビュ残ってるみたいだけどどうしよう・・・。

 あと染さんとうえちゃんなんかの収録で一緒だったツイ見たけどW推しの2ショットに高まった。どうせなら声優じゃなく実写がいい。

 *刀ミュキャス変問題

 朝ツイで見てかなり堪えた。仕事どころじゃなかった。ライビュ行けなかったけどダメージ食らうなら家でよかったかも。でも、もっくんの村正観たいから早く配信してくれ。ミュではキャス変初めてかな?ステで染さんのキャス変経験してるのに、なぜかそれ以上につらかった。私の推し新撰組弟組3人の並びを見れる日はもう来ないのか。でも鳥の大和守は好きなんだ。

 *叶姉妹冬コミ

 お疲れ様でした!ブログとまとめサイト張ってたw

 叶姉妹本当すてきで好きだ・・・!次回からは一般参加楽しんでほしいものですな。

 

 とある呟きアプリを使ってるので記憶の彼方からいろいろ引っ張り出してきたよw

 おすすめなので今度紹介できたらしますね!

 欅坂のエキセントリック聴いてるんだけどカッコいいなぁ。

 そういえば乃木坂のレコ大と同じタイミングで、でんぱ組新メンバー加入がトレンド入りしてて堪えた。

 もがちゃん抜けた時点で推せなくなってたけど(えいたそ推し)新メンバーは受け入れられないので降ります。しかも兼任とか色が似てるのもな。兼任は過去ジャニーズで痛い目あった人いたじゃん。みりんちゃんは割と推してるのでソロでもやったらいいと思う。えいちゃんはアニソン目指したらいいんでは?

去るものは多く語りません。WWDが歌えないでんぱ組は今の私には合わないってだけ。

雑談(彼氏面席と刀ミュ関連etc)

 こんばんは、かのです。お久しぶりです。

 最近ブログ書けてないわと思ったら2週間弱も放置してたとか。

 今日は雑談です。記事にするほどじゃないけど普段このブログで扱ってる関連のネタの雑談にします。

 文字の雑談なんて読む人楽しくなさそうだけどまぁ、自己満足で。

 *最近のオタ活

 WUGやごちうさ関連のオタ活をリアルでしつつソシャゲのイベもあんまり参加できない日々。男性のオタって一つの作品を長く深く愛するなーって思いました。あとメイトのポイント景品でもらえる「にゃんバッジホルダー」がかわいくて使いやすくておすすめです。

 *周りにオタが増えた

 弟がオタになってましたwそして職場にもFateシリーズのオタが2人もw

 リアルでオタ話ができるのは嬉しいね。

 しかし隠す派の人もいるみたいで私なんかは言って回るタイプなのでなんでだろ?って感じ。知人男性は「俺みたいなのがオタクってバレたら」って言ってたけど「いや見るからにオタクっぽいから特に問題なくね?」ってのがマジレス。

 あとは2・5次元オタが見つかると私はお喋り捗るんだけどなぁw

*刀ミュ 加州単騎とからぶフェス

 らぶフェスのライビュに今年はいけなーい!!!!

 なんかスケジュール的に無理で頑張ればワンチャンあるか?って感じだったから一般で取らないでいたら売り切れ!?

 去年はここまでじゃなかった。なんなら去年一般でプレミアムボックス買ったもん。急きょ行けることになったときにお世話になってたチ〇キャンもサービス停止しちゃったしもう配信買うしかないか。

 今年はおごと鳥が出ないからいっかーと思ってたけどもっくんブログの美しい写真に行きたい欲を抑えられなくなってきたんだわ。

 で、加州単ね。辛口だからファンの人は見ないほういいかも。

 去年の「会員限定ライブ」枠だったんだろうけど正直期待はずれだった。

 私は原作で加州のみカンストさせるくらい好きで、ミュの中でも加州・安定・堀川・村正が推しなのでビジュアルの写真も最高だし期待してた。

 だが、私が好きな加州って歌より芝居なんだなって実感した公演だった。

 正直、中の人そんな歌うまいと思わないんだよね、声質も良いと思わない。それなのにほぼ歌の公演なわけだ。

 歌メインでやるなら三日月まりちかあたりのが適任だと思うけど(村正・堀川も適任)スケジュール的に無理だったかな。

 キャラやキャスト人気で加州なんだろうけど、それならライブ形式ならソロじゃないほうがいいし芝居メインではダメだったんかね?

 チケット激戦って聞いてたけど配信で写ってた客席はスタオペしてる人数人しかいなかったし。ライブだからスタオペってのがそもそも違うのかもだけど。

 私、配信で刀ミュ買ったらだいたいライブは2・3回見直すんだけどこれはいいやって感じ。

 加州らぶフェスも出るんだからそんなに待遇良くする必要ある?

 てかおごたんは今なんのお仕事入ってるの?鳥くんは文豪の稽古だろうけど。二人もらぶフェスで観たかった・・・ていうかまた堀川をミュで観たい!

 *刀ステ

 新作公演始まりましたね。前作が個人的に駄作認定だったので今回は脚本大丈夫なのか?三日月ひろきくんもいないし。

 まっきーのまんばちゃん好きなので、彼が国広兄弟がいて喜んでいるのが微笑ましいのでたぶん配信で観る。

 ただ新キャラのキャストさん私が無知なだけかもしれないけど全然知らない。

 先日廣瀬大介氏が観劇に来てたそうだがまた、いち兄観たいな。期待しちゃだめ?

 あ、でも和田くんの長谷部は好きなんで楽しみです。新キャラでは原作で骨喰好きなので気になるかな。

 ステは最初がすごいこの界隈の有名人ばかりだったからこれから新人さんだらけになるとちょっときついな。

*ハイネメンツのお食事会

 ツイで見たんだけど、ハイネメンやっぱ箱推し余裕。年越しのはハイネ以外のタイトル興味ないからスルーなんだけど今年観た2・5の中でも作品としてのまとまりやメインキャストの仲良しさ、うえちゃんの堂々たる座長ぶりが素晴らしかったなぁ。なんでハイネは当日券買えたんだろ(遠い目)

 あ、映画館だけどねw

 地元の映画館って私の中で刀ステが一番やばくて行けたことなくて、刀ミュは今年になってやばくなった、それ以外はあんまやんないけどハイネは前列ならかなりギリギリでも買えた。

 うえちゃんは最初我が強くて苦手だったんだけど、ハイネ絡みのお仕事見てて今ではすっかり推してます。文豪は原作しか読んでないからあんま舞台興味ないけど中也なのはちょっと意外。

 あ、あとはしょーたんのアルバム最近ヘビロテです。Stay With Meが夢女子殺しにかかってる(おい)Powder Snowも声質に合ってて好き。こういう曲合うからJ-POPのカバーアルバムとか出してほしいなぁ。(切実)

*彼氏面席

 プチミレライブおつでした!魂は豊洲にあったよ私も!w

 ムッチュ☆というほどの自覚はないけどプチミレッタ買っちゃったしたぶん今回のライブの円盤も欲しくなると思うからファンなんだろうか。

 そんな、プチミレディオ毎週聴いてる勢の私は「彼氏面席」がなぜか女オタ向けのまとめサイトで取り上げられて話題になってたのにびっくりした。

 ラジオの流れでは完全に2人と関係者が面白がって作ったエリアだと思うんだ。

 それがなんか光りものやコールをやらない人のための席って勘違いされて話題になってて。

 これはムッチュ☆候補生としても数々の現場に行ってきた身としても語らせてほしい。

 私はライブでコールもペンライトもやるの大好きな人間なんだけど、やらない人見ても別になんとも思わないのね。学生時代から数々のジャニコンに参加してたけど今で言うガチ恋っぽいファンがいることあって、そういう人はなんか意味深に指輪はめてたり推し定点カメラになってたり合掌して拝んでたりするの(まじで)。

 だから多数派がコールやっててもそうやって彼女・彼氏面したい人は自信持って地蔵決め込むといいと思う。ただ、盛り上がってる人に文句言うのは違う。

 この彼氏面席の話題で「コールが苦手だから専用エリア欲しい」って言ってる人がいたけどそれはわがままじゃない?

 アーティスト側はあおったりしてるんだからコール推奨な公演なわけじゃん。それをやらないのは自由だけどやらない人が権利を主張するのは違わない?正直、ノリの悪いお客ってアーティスト側から観たら感じ悪いと思う。「楽しんでないのかな?付き添いかな?」って思うかもじゃん。

 私個人の意見だけど、中学時代からライブハウス行ってた身としては現場行くのに一体感を楽しまないのって何が楽しいの?って疑問。

 まぁでもライブハウスなら後ろとか壁際でお酒飲みながらまったり見るも自由なんだけどね。

 アリーナクラスでコールとかペンライトが苦手でわざわざ現場行く意味とは?円盤ではダメなの?

 まぁ私の個人的な意見なんだけどさ、その声優とかアーティスト側がコールやペンライトを推奨してるならやらない少数派の人たちは権利を主張できる身分じゃないと思うわけ。声優ライブはファンと声優で作るもの!!!

 地蔵決め込むのはいい。ただ地蔵エリアはいらない!!そのぶんを子供や女性エリアに充てるべき!!!

 なんかこれで記事書けるくらいの分量語っちゃった。

 しかしムッチュ☆の彼氏面はどんなだったんだろう?めっちゃ気になる。円盤に収録してくれないかなww

*染さまお誕生日

 なぜか最後になったけど本日は染谷さんお誕生日!30歳だって・・・年々若返ってるように見えるんですがww

 茶の間としては収録がハードそうだったけど「おちゃろく」が楽しみではある。しかしバンドメンバーじゃないから出番はどうなのか?メインキャラではあるみたいだけど。PVまだ観れてないけど流司氏のボーカルはどうなのか。

 なんだかんだでファンのハート掴むのうますぎて思ったより長く最推しポジションに君臨してる彼なわけだが、これから控えてる舞台が作品も役柄も面白そうなものばかり。2018年の仕事運絶好調なんでは??

 正直声優としての染さまには興味ないのでなんでそっちをやってるのかわからないのだが(出演作が舞台化する作品でもないので余計に)。

 あと、難しそうな役が続くので滑舌と歌の上達を祈るばかりです。

 2・5ももうちょい出てほしいなー今年はほんとマスミラありがとうマスミラ!!!刀ステかえってきてもいいんだからね(ツンデレ風)

 言いたいことはいつもと変わらないけどこんなもんですかね。

 30超えてもなんだか不思議な染さまのままでいてほしいですね。

 

 あと、戦ブラの舞台化予定調和すぎてww

 追加できたむーとヒデ様も来るんでしょ?

 正直、ハイネは最初に発表されてたから試みとして面白いと思ったし応援してるけどこれはちょっと・・・頂けない。

個人的2017ベストコスメ発表してみた

 こんばんはー、かのです!

 この1週間ベースメイク難民で寝ても覚めてもメイクのこと考えてた。病気だ。

 さて、今回は12月ということだし今年使ったコスメでよかったものを纏めてみますね!

 発売年ではなく今年初めて買ったものです。では、まいりましょー!

 

 *リップ部門

 先日最新リップ事情を書いたのでこちらを参照でw

 

 

otomegokoro-teatime.hatenablog.com

 

 *アイメイク部門

 ★アイシャドウ

 まずはベース。アイシャドウベース初めて買った今年でした。

 

 

ドーリーウインク クリームアイシャドウIII 01 ゴールド 3.5g

ドーリーウインク クリームアイシャドウIII 01 ゴールド 3.5g

 

   Dolly Winkはすごい昔につけま購入したことがあるのですが久々。

 なんなら、益若さんあんま好きじゃないから敬遠してたけど、プロデュースコスメいいんだよなぁ。

 色はパールとゴールドの2色。

 私はくすみ色のアイシャドウで顔色悪くなるのでなんとか使えないものかと試行錯誤してこちらのゴールドとの合わせ技で使えてます!

 プチプラのベースでDHCとエチュードも候補にあったんですが一番ギラギラしたのにしてみたw

 指原さんが「目が死んでるからキラキラにする」って言ってたし!w

 こちら、コスパが素晴らしい。指にうすく1回取るだけで片目足りるので全然減らないです。ベースは他に試したいのないからなくなるまで使うと思う。

 お次はアイシャドウパレット。

 

 

インテグレート ワイドルックアイズ (アイシャドウ) BR271 2.5g

インテグレート ワイドルックアイズ (アイシャドウ) BR271 2.5g

 

   一重だから3色以上は使わないので2色嬉しい!赤のパッケージになってからインテグレートで買ってなかったしハートも可愛い。

 私は限定のオレンジを購入しました!

 オレンジ苦手だと思ってたんですがこれのオレンジは目じりに入れると夏っぽくて可愛い!上の白っぽい色はあんま使えないけどベースに塗って、ブラウン系の締め色(手持ち)入れて目じりからすっとオレンジ。

 目元に色入れられるなんて思ってなかったから夏の愛用品でした!!

 今、買えないからおすすめしても微妙かな。

 しかし、マキアージュの運命のブラウンの診断でBAさんにもアプリでもオレンジブラウンを勧められたわたし。オレンジの属性あった・・・??

 ただ、瞳の色は合ってても肌色がオレンジ向きじゃないんだよなぁ。

 リンメルのショコラスイートアイズ欲しいけどオレンジじゃなく002のベージュブラウンがいいなと思ってる。しかしこれ、オイルクレンジングで落とし残しあったんだけど・・・洗浄足りなかったかな。

 脱線してしまいました。

 

 *アイライナー編

 たぶん買ったの今年だと思う。

 

 

 

 私が唯一使えるアイライナー!目が疲れやすい人にも大変おすすめ!

 パンダにならないし、目薬さしても落ちないし、太めで引きやすい。六角形の軸も持ちやすくていい。

 ただ、難点もあって。筆先が割れた。液が最初出なかった。横に寝かせて置いておくとちゃんと使えた。

 ブラウンブラックの色味も好きなので同じ色でリピすると思う!個体差があるようなので運も大事かも?

 モテマスカラも欲しかったんだけど(目が疲れにくいし1度で長さ出る)パンダになってたから買わないかなぁ。マスカラほんっと苦手。ノーマスカラ派。使いたいけどパンダにならないのないし塗ってもそんな変わらん。

 

 *アイブロウ編

 ヘビーローテーションの眉マスカラは

 

otomegokoro-teatime.hatenablog.com

  たぶん去年ので紹介してると思う。アッシュブラウンとナチュラルブラウン持っててピンクブラウンも欲しいんだけど(最近ダークトーンのピンクカラーに染めたので)黒髪時代はアッシュが大活躍。逆に茶髪には色味問わずナチュラルが大活躍!!

 最近は眉頭を念入りに塗るのがブーム。地肌につかないし初めて買ったのがこれでよかった。

 ちなみにダ〇コクドラッグで少し安く買えます!

 今年の感動コスメはこちら

 

 

  眉メイクでは有名すぎるコスメですね!3Dが今年出たやつで私はこの限定セットでお得に買いました♪

 今までマジョマジョのパウダーを愛用してたので目も向けてなかった。

 何きっかけで買ったか忘れたんだけど重宝してます。

 ノーズシャドウやシェーディングにも私は使ってます。

 入れすぎて怖い顔になるから加減を研究中!

 眉頭が描きやすくて好き。ぱるるのフォトブックでも前のモデルが紹介されてたしさや姉も3Dのほう愛用してるようでアイドルとおそろコスメ。

 

 以上が今年の個人的べスコスでした。

 お付き合いありがとうございましたー!

映画「カニを喰べる」「羊をかぞえる」「天秤をゆらす」DVD鑑賞レビュー

 こんにちは、かのです。

 ブログまったり更新するの久しぶりな気がする・・・心に余裕が欲しい。

 さて、しばらく映画の感想が続いてますが今回は染さまが3作とも出ている田宮・青島シリーズの感想です!

 これのDVD借りたくて久々にDVD借りに行ったよねwまさかレンタル解禁されるなんて!!

 染さまの映画は基本首都圏でしか上映ないので観れないのが当たり前になってたから嬉しくて借りてきちゃいました。観たのちょっと前なんですがメモ残してたのでそれを頼りに思い出してみます。

 染さまご本人が元気ないときにのんきに映画のレビュー書いちゃってすいません。

 私みたくこれからレンタルして観てみる!という方はネタバレ含むのでご注意を!

 

 *第一弾「カニを喰べる」

 ロードムービーという名のファンタジー。

 冒頭5分以内で2回は椅子からがっつり落ちる染さんを見れる。アホなのか。

 車に窓ガラスから乗り込むシーンが3回はある。

 バスケや走るシーンもあるが燈くんといい運動神経すごいよなこの二人。

 アイドル映画のジャンルに置かれてたのであなどっていたが、なかなか奥深い映画。最後には奥深いのか何も考えてないのかすらわからなくなったが。

 なぜかメインキャストの鼻歌でエンドロールw

 結局カニは食べられるんだけど、金子さんのくだりはせつなかったし(ニートとバカにされても好きな子のために新潟まで自転車かっ飛ばす姿はかっこいいぞ)家出少女もよかった。普通に綺麗な子だったし。

 このときの染さんは眉毛細いし日焼けしてるし田舎のヤンキー感が強い。けど、占いのおばさんに美少年って呼ばれるくらいには美少年w設定30なのにw

 占い(降霊)のくだりも完全にイカサマだと思ってたらガチだったのかよww

 なんか観終わって不安定な気持ちになったけど、予想よりは面白かった。

 ダメなやつらなんだけど成長するわけでもなく(仕事するでも内面的成長をするでもなく)パチンコで手に入れたお金でレンタカー借りてまちこに会いに行くなんて最高にバカでくだらなくて最高じゃんか。彼女の掘り下げはいつかあるんだろうか??

 

  *第二弾「羊をかぞえる」

  新たにメインキャストに智紀くんが加わった、ヒロインは小学生くらいの女の子。タイトルの意味は終盤5分くらいまでわからなかったけど序盤に伏線あった。

 相変わらずフリーターな二人と同じくな丸井くんの3人が借金返済のために逃げ回るはちゃめちゃな青春群像劇。ふっと笑えてほんのり悲しい部分は前作を受け継いでるものの丸井くんの超絶お人よしキャラが暴走しまくって新しい風吹いてた。

 「逃げる」が隠れテーマのような気がした。物理的にやくざから逃げてもいるし。

 エンディングの聖者の行進は安定だったwwリコーダーとキャストの人数が増えたけど鼻歌は定番化なのか。

 前作に続いて死者との接点があるのは、「どう生きる」かみたいなテーマを描写したいのかなと思った。カンナちゃんが金子さんと天国で知り合いなのは納得がいく設定だったかな。最後の「ハッピーバースデー」は元ネタがあるのか?ちょっと考察失敗した。

 隕石のくだりはさすがに無理すぎるだろうと思ったけど、君の名は。かよ!ってツッコミ入れることにしたw

 馬券まではカンナちゃんの手が及ぶ奇跡にしても隕石で組長死んじゃったもんな・・・やりすぎ。

 あ、ラスト20分くらいでカンナちゃんが田宮に乗り映るシーンはマジそういうやつにしか見えなかったので小学生女子になりきる染さま必見。

 青島が「ハグしちゃえよ」って言って丸井くんが嫌がらないのは謎だったけどな。

 どうせなら話してるシーンも音楽なしで演技で観たかったなぁ。

 ここはファンサという受け取り方でいいのかな。

 キスシーンは免除されたのが残念なのか安心なのかww 

 結局丸井くんが可愛い、それで全てOKな映画ということはひとつ言えた。

 田宮青島が少しまともに見えるレベルで丸井くん突き抜けてたわ・・・。智紀くん相変わらずめっちゃ美人。とても好みなのでハマると沼が深そうだけど、ペダルしか観たことなかったのでまた全然違ったキャラで面白かった。

 

  *第三弾「天秤をゆらす」(辛口注意

 はい、きた駄作ー!!!前二本が思ったよりよかっただけに今作は意味わからなかった。前回で廣瀬智紀くんの丸井が可愛かったので期待したけど、主演になったの!?田宮青島冒頭と最後しか出てないじゃん・・・これはさすがにクレジット詐欺では。

 ただ、智紀くんの丸井の可愛さを楽しむためだけの映画だった。

 前作までのテーマ性はどこ行ったんだ!?やっぱヒロインがいないとダメなのか。

 脚本が壊滅的にやばい。

 温泉旅行に来たニート3人が小学生二人組(正体は最後にわかるがどうもこじつけくさい)や大金を持った怪しい男や殺し屋やクマやゾンビに巻き込まれて喧嘩したり、ぎゃーぎゃー騒ぐだけの映画というと相応しいかもしれない。

 ゾンビまで出てきたときは「染さまがウォーキングデッド好き」だからかと思ったw

 そして、殺し屋役の人が染さまの事務所のおにーさん。前回が杉江くんだったのを思うとバーター感がすごい。

 次回作だけDVD借りるのも面倒なのでクオリティに期待できないし、たぶんこのシリーズはここまでしか観ない。

 正直、これならイケメン3人が1時間半だべってるだけの映像を観てたほうがよほどましなレベルで酷かった。

 最後に一つだけ褒められる点があるとすると、智紀くんはなぜあんなださいコーディネートを素敵風に着こなせるのか??イケメンってすごいなと思った。(月並み)

 あと染さま出番少ないながらも前2作より滑舌と演技が劣っていた気がするのは私だけだろうか。

 とりあえず廣瀬智紀くんに興味が湧いたのでご縁があれば作品を観てみようかとは思った。2・5はペダルだけ、あとはこの映画しか観てないはず。

 正直、滑舌や演技も下手ではないけど上手いかと言われるとちょっとこれしか観てないとなんとも言えない。私の中でうまくてイケメンは小越氏や太田基博氏や松田凌氏なんだけどどうだろうか。誰か若手俳優の演技力まとめとか評価をつけて頂きたい。芝居って好みもあるから難しいだろうけど。

 途中から智紀くんのよさしか書いてない・・・染さまごめんよ。

 2・5最近観れてなかったから配信で加州単でも買おうかな。らぶフェスは鳥越氏と小越氏出ないからライビュ行かない予定だし。今回のメンバーなら加州と村正推しだなわたし!!

 あ、みほとせのアルバム聴いたんですけど蜻蛉切のソロ好きすぎてそこばっか聴いてる気がします・・・。村正のソロもライブで欲しかった;

 最後おもっきし刀の話しててまとまりのない記事で申し訳ないです・・・。

映画「聲の形」感想

 こんにちは、かのです。

 前回、感想通りこして映画から受け取ったメッセージみたいなのを書いたのを先に投稿しちゃったので重複部分もあるかもですが感想も挙げておきます。

 

 

otomegokoro-teatime.hatenablog.com

 

 *私のおたくスペック*

 ・アニオタ(京アニ好き。作品ではけいおん境界の彼方氷菓、たまこが好き)

 ・声オタ(本作では悠木碧さんと入野自由さん、早見沙織さんが好き)

 総評*

 シビアな題材ながら、身近にあるような葛藤を描いていた。

 メッセージ性が強い作品でさまざまなことを考えるきっかけになると思う。

 登場人物はエゴばかりの人間臭い人々でクズな面もあり、精神的余裕がない時に観るのはおすすめできない映画。

 対人関係の悩みなどがある人にはきっと響く。

 

 *声優陣

 公開時からすごいと話題だった早見さんのお芝居はじめ、入野さんはやっぱ普通の高校生(ちょっと影がある)やらせるとピカイチに巧いと思った。

 私の贔屓の悠木さんは原作で好きなキャラを演じていたが、ボーイッシュな少年ボイスでとても素敵でした。本当にさまざまな声色を出せる声優さんだな。

 豊永さんも珍しくチャラっとした役でしたが、作品のいい味になっていた。

 小野賢章さんはお名前を見るまでわからなかった。そういえば男性陣は子役出身のうまい人ばかりである。

 主人公の少年時代が女優の松岡茉優さんなのが謎だったがきけないほど下手ではなかったかな。

 他のメインの声優さんは存じないのでコメント控えます。原作を読んでますが、イメージに合っていたと思う。

 

 *原作

 私は半分くらいの巻まで読んでました。遊園地にみんなで行くあたり。

 その後の映画の展開はすごいハラハラしてしんどかった。

 以下、ネタバレを含みますので許容できる方のみご覧下さい。

 *演出

 効果的だったなと思ったもの、好きな演出。

 ・OP

 小学生時代のいじめのシーンがしばらく続くのでOP曲にかぶせている部分があった。観ていて最初からつらいので音楽のラウド感と相まってよかった。

 ・他人の顔につく罰印

 原作漫画でもそうでしたが、この演出はわかりやすく、かつ斬新でいいと思った。

 終盤で一気に罰印がはずれるシーンは感動に近いものがある。

 主人公の対人恐怖からくる視線恐怖をうまく現している。

 ・昏睡状態の石田くんの手書き文字演出

 昏睡状態から覚める直前、夢の中で西宮さんに会ったと言っていたあのシーン。

 その後のシーンと相まってよかった。

 ・花火の演出

 西宮一家と石田くんが花火を見に行く日、それぞれのメンバーはバラバラに花火大会に来ている。(見ている)距離感が生じている表現としてわかりやすい。

 また、西宮がベランダから飛び降りるシーンでも花火が恐怖感を増している。花火の音が彼女には聞こえないということを考えるとこの一連の流れは切なく、胸にくる。

 ・植野と硝子が手話で「バカ」と言い合うシーン

 演出ではなく場面だが、あの植野が手話覚えるなんて・・・言葉のチョイスも安定である。今後への希望が見えるので好き。二人の関係性の変化もうまく現されている。

 

 *キャラクター

 石田:いじめっこから被害者になった本作主人公。漫画などであまり見ない設定だがリアルでも有りうると思う。小学生時代は酷いものだが高校生になり、エゴからだが西宮さんの為にと行動する時は主体性があり頼もしい。弱い者の立場を経験した彼は、この先の人生きっと人のため思いやって生きれるのではないか。ヒロイン2人から好意を寄せられるがそれどころでないため気づかない鈍感な青年。中高生時代が暗黒だったからか、見た目にチャラっけは一切なく小学生時代をそのまま大人にした感じの風貌。私はこの主人公は憎めない。

 永塚:ルックスも言動行動も完全なるコメディ要因。シリアス続きの本作のオアシス。やーしょーって石田を呼んでるのが意味不明だと思ってたら、名前か。シースー的なあれかww結弦とのやり取りも漫才みたいで楽しい。

 真柴:映画では掘り下げがなかったためなんだかよくわからない子だった。やたらと石田に近づいてくるのでものすごい腹黒なのかと邪推してしまった。

 硝子:本作のヒロイン。キャラデザの可愛さやいつもニコニコしていることから聖人君子なのかと思ったが違う。彼女のことを嫌いと言う、植野の言動からそのことが伺える。悲劇のヒロインぶると言われて責められるシーンはまさしく西宮という子を現していたように思う。厳しい言葉だが、実際障害を抜きに考えても自殺未遂は周りにそうとられても仕方ない行為であった。

 佐原:見た目や立ち位置が小学生時代とはがらっと変わった子。しかし、自分の弱さや「逃げ」に引け目を感じている。しかしながら、手話で硝子と話せるレベルまで勉強したことや苦手だった植野と今では普通に接していることは彼女の努力以外の何物でもない。女子キャラの中で一番硝子と友達になれそうな人物。

 植野:石田の立場が逆転した際に助けられなかったことを後悔している子。小学生時代女子グループのリーダーで西宮や佐原に言葉の暴力をふるった。過去の彼女は酷いし、今も性格は悪い。しかし「ほんとのことしか言ってないし」といじけて見せる通り、いいこぶりっこは一切しない子である。むかついたらイライラするし、相手に直接嫌いと言うし暴力も振るう。人としてどうなんだ?と思うがやっぱ私は植野嫌いになれない。最初は大嫌いだったけど。硝子に対する態度を見ていると一概に植野ばかり責められないと感じた。

 川井:最初から最後まで見ても一切のフォローが思い浮かばないレベルで嫌い。傍観者だったからではなく八方美人でいい子ぶりっこ、あざといからである。すぐ泣いたり、喚いたり被害者ぶるのが得意。こういう女いるなぁと思う。原作ではもっと真柴へのアピールがうざかった。石田の指摘どおりの「自己愛の強い」女。これといって挫折も味わっていないのでこれからも器用に図太く生き延びていきそう。

 結弦:原作でも一番好きな女キャラ。彼女は根本が優しく繊細である。アニメではあっさりしていたが、原作での祖母とのエピソードは今作で一番泣いたシーンだった。姉のために自己犠牲をしていることを祖母や石田に見透かされている。他の人物たちに比べ、終盤での前進が目覚ましかったので彼女のこれからの人生に幸多いことを切に祈る。 

 

 *原作との相違点

 途中までしか読んでなかったので「映画撮影」のシーンのことは忘れていたが尺的に仕方ないかと思う。

 序盤の石田くんが自殺しようとしてるシーンが途中まで説明なしなのでわかりにくかった。

 個人的にはゆづとおばあちゃんのシーンはもっと丁寧に描いてほしかったが、序盤で出番が多かったので仕方ないか。動物の死体の写真ばかり撮るという行動の意味も、姉の飛び降り事件後のエピソードで説明されたので補完はできていたし。

 

 *主題歌 

 aikoが嫌いではないが、映画とは違和感があった。

 本作は恋愛映画というわけではないのでマッチしていなかった。一方で彼女を起用することによりとっつきやすく、普段アニメを観ない層を取り込む目的とも思えた。

 しかし、恋愛よりも大きな対人関係を描いた本作には、もっと哲学的な人間同士の繋がりを描いた曲がよかったのではないか。大人の事情かな。