何歳まででも乙女かのう

2・5次元の感想や俳優の茶の間ライフ中心にアイドルや声優についても書いてるブログ。

女性声優戦国時代に見るキャラ付けの重要さ

 こんばんは、かのです。

 4日くらい書かないでいるとブログ書きたくなる症候群かもしれません。

 最近推しくんが忙しそうです。ブログがちょっと物足りない。贅沢言っちゃいかんよなと思いつつも当たり障りない内容が味気なく感じてしまう。

 今は二次元イケメン沼にちょっと戻ってますw

 さて、本日の記事は女性声優さんの「キャラ設定」の話です!

 私は現在ソロだと上坂すみれさん、ユニットだとプチミレディを中心に応援しているんですがこのお三方見事にキャラが立ってるのです。

 アイドル声優戦国時代だからか、キャラは非常に重要な気がするので軽く考察を書きたいと思います。(好きな声優さんのことしか知らないので偏りが出ますご了承下さい)

 まず、キャラ設定がもたらす効果。

 声優さんでもアイドルの方でも、自分のアピールポイントが=キャラ設定になると思います。ルックスが可愛い、顔のパーツ、スタイルなどの見た目からオタクである、変わった趣味を持っている、など。

 完全に作りこんでいるとは思っていませんが、素の自分をうまくキャラに活かせる方はボロが出にくく成功例といえるでしょう。

 さて、ここで私の好きな上記お三方のキャラ考察を行います。

 *上坂すみれさん

 すみぺこと上坂さん。色白に大きな瞳、赤リップの似合うロリィタ巨乳女子。そのお人形のようなルックスとのギャップであるサブカル人間なことが彼女のキャラ設定。

 初めてすみぺを見たときしょこたんを彷彿とさせるなと思いました。

 ただ、オタクの分野がまた面白い。

 彼女の好きなものはロシア、戦車、三国志、メタル、80年代アイドル、古めのアニメなどいささか普通の20代のオタク女子の趣味とはかけ離れています。たぶんおっさんと話が合うよね。

 私なんかはラジオ聴いてるとぽかーんな話題も多いんですが彼女のファンの男性軍はすごい楽しいんだろうな。正直、文化部~のロリィタ回が一番テンション上がったのは私です。

 ですが、すみぺのいいところは年代などお構いなしに自分の好きなものはとことん愛すこと!最近のものにはあまり興味がなさそうなとこが他のオタク自称アイドルとは異なるのです。あとは同業者とも狭く深くの交友関係を保っているところ(プラズマジカは除く)

 

 *悠木碧さん

 プチミレのあおちゃんこと悠木さん。

 最近ツイッターを開始した彼女の呟きはオタク女子そのもの。

 子役仕込みの演技力と独特の変幻自在の歌声、流行に媚びないメイクなど自分をしっかり持っている印象のあおちゃん。そのブレなさに惚れるファンは多い。

 以前やっていたソロもかなり作りこんだ世界観で独特でしたね。

 あおちゃんのキャラもすみぺと通じるとこがあると思う。二人とも高学歴だし。アホガールで何か二人に進展があるかと期待したものの別になかったみたいw子役出身者ならではの距離感を保っていそう。

 そんなあおちゃんは案外毒舌キャラ。プチミレではたぶんツッコミ担当。常識人なイメージがあります。

 なお、杉田さんに可愛がられていることからも察せるようにおっさんめいた趣味をしてますが、腐女子も両立している模様。廃課金勢なことも発言から伺え、ガチゲーマーであり、ドールオーナーでもある。年代関係なく二次元内でいろんなとこに深くハマっているオタクの印象。

 キャラ付けとしてはなかなか多様な要素を持っている声優さん。オンリーワンあおちゃん。

 

 *竹達彩奈さん

 プチミレのあやちこと竹達さん。先述の2人とは方向性の違う方。ルックスが可愛いのは同じくなんですが(自分と同世代とは思えない)ゲームもそこそこやる、CCさくらちゃんがお好きな模様ですが。私の中のあやちはにおいフェチと肉。

 あやちに衝撃を受けたエピソードがありまして。

 数年前、推しが出ていた某ラジオのイベントにてあやちは沼倉さんと出演していました。その時ずっとにおいの話をしててw「この子やばいな・・・」とドン引きしましたw

 肉が好きな声優さんは男女問わず何人かいるかと思いますが、行列~に出たときのハンバーグを見る目が本物だったのでやはり肉大好き女子と認めざるを得ません。

 彼女のキャラ付けは実にうまく、普通にしてれば「顔も声も可愛くて、オタクって言ってもさらに強力なのが相方とかにいるから弱い。そこであえて自分を少し下げる。」本当にお肉もにおいも好きなんだろうけど、それをキャラとして表に出すのは自由じゃないですか。あえてそこを使って少し自分を下げる。ほんとうまいです。

 これなら女子の反感も買いにくそう。

 さらに、彼女は共演する男性陣に普通にかわいく接するタイプかと思うんです。いい意味で男慣れしてそうというか。だから下手するとぶりっこに思われる。

 でも、中身はお肉大好きにおいフェチなんですよーということでうまくキャラ立ちしている。計算なら本当にお見事の一言。

 ディスってはいません。

 

 要は、オタクだったり少し変わった趣味を持っていたりというキャラは他との差別化、または同性に嫌われるのを避ける意味で強い!ということ。

 正直、声オタやってる人ってリア充ではないと思うのでリア充オーラ強めだと苦手って人いないかな?私はそのタイプです。女性声優さんでも同業者とご飯の写真ばっかあげてる人は正直苦手。

 でも、東山ちゃんは人生うまくいってそうだけど嫌味じゃない絶妙な感じが好きです。

 リアルでもさ、可愛い女の子がガチオタだったりすると親近感湧くんですよ私。可愛い子はちょっとダメ要素があったほうが近寄りやすい!逆に可愛い子の彼氏いない・モテないアピールは超うざいです。あ、私も大概毒舌キャラですw

 前に若手俳優のキャラ考察まがいのも書いたけど、ここまで冷静には分析できそうにないな。SNSの更新もまちまちですしラジオも持ってないことが多いので。

 あ、プチミレは下ネタも絶妙です!w

 某男性声優さんのガチ下ネタに引いて、いまだにその方が苦手なんですがプチミレの下ネタは生々しすぎない感じがいい。

カレンダー買わない宣言しとく

 こんばんは、かのです。

 眼精疲労と頭痛がひどくパソコン見るのつらいけどちょっと吐き出したいことがあったのでちょっとだけぼやいて退場します。

 秋ですね、俳優おたの皆様カレンダー告知の時期ですね!

 今年も染さんのカレンダー&メイキングDVDのフルセット1万5000円は早期予約で直筆サイン入りポストカードがもらえるそうですよ。(去年もそうだった)

 ちょうど舞台男子のインタビューを読み返して「ほうう」となっていた直後に告知を見て軽率にサイン欲しくなったよねw

 でもマジお金ない・・・単発バイト3日くらいしたら買えるけどそんなに欲しいか?

 サインは欲しいけど本体はそんなでもない(去年の北海道のほうが好みに近そうだった)。

 だから私は、サインは本人が書いてるとは限らないと自分に言い聞かせることにしたw(おいおい)

 事務所スタッフのサインかもしれん。それにサイン書く時間が彼の負担になるんじゃ・・・と妄想を追加しておく。

 ミーハーだから直筆なら1つくらいは持っておきたい心理が邪魔をする。

 でもさ、声オタをやってた頃は直筆サイン入り年賀状(および暑中見舞い)を数枚持ってたんだよね。当時の推しの事務所は徹底しててファンレに住所氏名を書くと年に数回はがきを出してくれてたの。そこそこ売れだしてた時期なのに。

 印刷かと思ったけどマジックのあとっぽい感じなので直筆だと思いこんで今も大事にしてる。

 そんな時代を経験した私にはサインに1万5000円は払えないわ。

 写真集とかイベのチェキ商法も推しの給料のためには仕方ないのは理解してるつもり。だいたいどこも似たような商法だろうし。

 カレンダーは和田氏は2冊買うとイベ抽選券だったな。他の俳優のまだ情報出てないのもあるからわからんけど。どっちに価値を感じるかはそれぞれだよなぁ。

 でも、早期予約に人数制限がないのがあやしいと思ってしまうんや・・・。先着100名!とかなら頑張って書いてくれてると思うけどな。ミーハーなので1万5000円あったら1~3推しのカレンダー1つずつ欲しいんだけど。

 あと、特大ポスター欲しいのでそろそろ検討してくんないかな・・・。

 1回手を出したらいろいろ金以外も失いそうなので締切日まで無心で過ごしつつ、他の沼行ってきます。

 今も最近きき出したスパガのアルバム聴きながら冷静になろうとしてる。

 浅川ちゃんから入ったくせにるかちゃんの歌声に惚れる。

西野カナのトランプラブレターを推しに作るとしたら

 こんばんは、かのです!早くマスミラの円盤が欲しいのにリアルに疲れ切っててメイトに行けてない・・・早く麗しのレイジーお兄様を何回も観たい!

 気持ち悪い通常運転ですが、今日の記事は気持ち悪いかつ重いですよ!w

 私はおたくだけど西野カナさんが好きです。だって可愛いし衣装やメイクも素敵だし、歌声も曲調も好き。意外と失恋ソングも多いので恋愛拒否なおたくにもおすすめなんだけどなー・・・。いや、ハッピーな歌で推しを妄想しても楽しいんじゃ?w

 そんな西野カナちゃんが昨年の春にリリースしたこちらの楽曲。

 


西野カナ 『あなたの好きなところ』MV(Short Ver.)

 このPVはショートバージョンですが、トランプの1枚1枚に彼の好きなところを書いた紙を貼り付けた「トランプラブレター」を作っています。海外の女の子の間で流行ってるのを取り入れたとのこと。

 リア充は実際に彼氏に渡したりインスタに挙げたりするらしいけど、そんな相手もいないので推しにあてるとしたらの妄想してみた!(ただしリア充のカップルも重くて男性が引いてしまうことが多いそう)

 染さんは西野カナ聴かないイメージなのでw知らないかもなんで実際に作って送らないからね、安心して下さい。なんかあんまお手紙読まないイメージなんだよな。てかこれ推しに作って送った人いたら教えてww

 さてトランプって何枚あるんだよと思ったら52枚もあるんかい・・・。

 どうせならカードに合わせてみたくてトランプのカードの意味調べたら難しくてお手上げだったよ・・・奥深いな。

 でもまぁ私は彼の人生の1年ぶんくらい、いやお仕事してる時間だからさらにその半分くらい?しか知らないので深みはないです。

 さてやっと本題!

 染谷 俊之くんの「あなたの好きなところ」はっじめー(推しの紹介にもなるといいな)

 トランプになぞらえて♡はルックス、ダイヤは性格、クローバーはお仕事、スペードはキャラ的なことにしてみようかと思います。

 ♡(ハート)

 1 とにかく大きな瞳

 2 整った顔立ち

 3 色白なところ

 4 顔周りが長めの髪型(毛量が多くてふわっとしてる)

 5 黒から金髪まで髪色がなんでも似合う

 6 身長がほどよい

 7 目力が強い

 8 顔が小さい

 9 目の下とかにほくろがある

 Jack 綺麗でかっこよくて可愛い

 Queen アラサーに見えない(年々若返る)

 King 衣装・ウィッグに負けない

  

 ♢(ダイヤ)

 1 謎が多いところ

 2 男らしいところ

 3 不思議ちゃんなところ

 4 悩みや愚痴を表に出さないところ

 5 逆境に強いところ

 6 すっごく負けず嫌いなところ

 7 一人行動が好きなところ

 8 お茶目なとこ

 9 うっかりしてるとこ

 J 考え方がブレない

 Q 結構深い闇を持ってそう

 K 忙しいのにボイトレとかも頑張ってること

 

 クローバー

 1 仕事に真剣に取り組んでるところ(まじめ)

 2 毎日ツイッターやブログを更新してくれるところ

 3 舞台での身軽さ・ジャンプ力

 4 殺陣がきれい(洋も和もいける)

 5 話し相手を敬えること(ラジオなどでゲストを立てる)

 6 滑舌・歌があぶなっかしい

 7 表情の豊かさで魅了するお芝居

 8 緻密なアドリブ(刀の軍議など)

 9 ラジオのトークがゆるふわなとこ(テンポが独特)

 J 写真の微笑みが優しい(ブログのヘッダー写真然り)

 Q 当たり前に周囲への感謝ができるとこ

 K プロ意識がすごく高いとこ

 

 ♤(スペード)

 1 ムーミンガチ勢なところw(ツイッターのヘッダーさえも)

 2 ファン思いなところ(誠実さ、優しさ)

 3 自撮りが神レベルにうまいとこ

 4 意外に声が低いところ

 5 親しい人にのみSっけを発揮するとこ

 6 チャラみがあるのを気にしてるとこ

 7 忘れ物しちゃうとこ

 8 甘いものとお酒が好きなとこ

 9 読書好きなとこ

 J 自分と同世代なとこ

 Q ネコ好きで本人もネコっぽい

 K オーラがめっちゃある(華やか、スター性)

 

 (おまけ)Joker いつどんな時も失敗を恐れないこと。

 

 なんか52個って意外と余裕で出てきますね。カテゴリ分けしてみたけど(最初に52個書き出してから若干整理した)バランスも思ってたよりよかった。これでも書ききれてないんだけど・・・。私物の黒縁眼鏡が最高とか藤原竜也氏を尊敬してるとか大学生まで教師を目指してたこととか。

 役者さんって負けず嫌いや男気あるとかまじめなのは基本みたいにみんなできる人たちだからありきたりかなと思いつつもやっぱ染さん誰よりも強いように思うので入れました。

 おまけは最近、私が新たに発見したところ。私自身は人前で失敗するのが怖くて臆病な人間なので舞台に立ってる彼を本当にすごいと思う。役者さんはみんなすごいけど、他の出演者さんのカバーとかもできるので瞬発力を尊敬します。

 

 なんか「あなたの好きなところ」なのに「尊いとこ」みたいな・・・結構まじめになっちゃってますねぇ。

 でも楽しかったです!みんなも作ってみてほしい。今日も推しが生きてることに感謝。睡眠食事ちゃんと取れてるか心配(映画の撮影だそう)

 そして今後の出演舞台がLVも配信もなさそうな演目で、舞台に立つ彼を見れるのは次いつなんだろうって病む。円盤いきなり買う勇気ないんよ。

 今月またエクビューに出るみたいなんで久々の動画配信楽しみです!

劇団シャイニング「マスカレイドミラージュ」ライブビューイング感想

 こんにちは、かのです。

 昨夜はマスミラ観てきました!ライビュの会場が遠かったので行けるか躊躇してたんだけど行ってきてよかった!郊外だからか開園1時間前に着いても物販が完売ゼロ。無事にレイジーのブロマイドセットをお迎えしました。やばいそめさま似合いすぎ。

 そんな染谷ファンで元うたプリの藍ちゃん推しの私の感想なので偏りがあるかと思いますがご容赦下さい。

 BDなど待ちの方はネタバレ注意です。

 全体の感想としては、6割重くてつらい4割勧善懲悪の少年漫画といった印象。ドラマCD(初代)の内容をすごく膨らませて掘り下げた感じ。

 開演前のアナウンスでアインザッツが言っていた「たっぷりの絶望と少しの希望」って感じのワードに背筋がひやりとしましたが確かに鬱だ。

 開演前アナウンスについては、原作へのリスペクトがすごくてちゃんと劇団員として各キャラが諸注意を述べてくれる形でした。映画館の開演が10分前だったので1回しか聴けなかった。BDに収録されますよね??

 仮面舞踏会のシーンはダンス相手は女性だけど仮面をつけているのでアンサンブルの方がやっていたのか。最初からレイジーがなぜかタンゴ調の情熱的なダンスを見せつけてきました。このシーンかな?手の甲にキスしてたのがやばかった(語彙力)

 染さんのレイジーは想像通りとても合っていて、かっこよすぎてかわいすぎて画面に合掌しそうになったんですけどぐっとこらえましたねwBD買ったら家で好きなだけ拝み倒しますそうします。

 シーノとレイジーの幼馴染コンビも仲良しで可愛く、アインザッツは登場シーンから歌あり。もっくんの歌は本当素晴らしい。最初と最後しか歌のシーンはなかったけどミュではないから仕方ないのか。

 シーノは身長が高くてレイジーが小さく見えるレベルで、この2人の先輩と並んでも遜色ないくらいに良いお芝居をされていました。裏人格のときの目の据わり具合がマジだった。

 序盤はアインザッツの謎を追うレイジーとシーノ、ジェルマン伯爵とアインザッツのそれぞれの描写。

 私この物語を見てて、名探偵コナンを連想しちゃったんですが。名探偵レイジーと怪盗アインザッツ。探偵ものにはありがちな設定なだけかwシーノはホームズでいうとこのワトソン君?

 レイジーの自宅での上着を脱いでタイをゆるめてるあれ、ここのシーンか!!これの絵柄のブロマイド欲しいのでBDメイトで予約しますねw

 シーノもマント脱ぐと警官服なんだけど黒で皮っぽい素材で軍服っぽいデザインでかっこいい!

 そしてこの会話シーンで今作には出てこないと思われたヒロインちゃんの描写!!

 シスコン設定は健在だった(ここをとても楽しみにしてたので)

 そしてシーノに幼少期にもらった四つ葉のクローバーのしおりを大事にしてるレイジー。幼馴染と兄妹設定という俺得要素てんこもり、最高かな。

 レイジーは錬金術の本を読んでいて、早くもアインザッツの正体に気づき始めてる。さすが名探偵!

 序盤のアインザッツはひたすらジェルマンに虐待されていて苦しかった。彼も苦しんでいたし中の人であるもっくんもこの役を1か月続けるのはかなり精神的にもしんどかったとツイッターなどで発言しているのが納得。私は見ててつらくて見る作品間違えたかな?ってなったよ。(アインザッツ好きな人息できてるかな)

 研究所のシーンはオートマータたちが白い仮面をつけてゾンビのようにまとわりついてきたり素手やら武器やらでいたぶってきたり、やたらアインザッツを囲んできたりするんだけどここの演出マジこわい。夢に出るかと思った。ホラー・・・

 たぶん演出家さんの持ち味なんだろうな。わざと偽物の指輪を盗んできたアインザッツの目をくりぬこうとしたのは阻止できてよかった(私グロ無理なんで)

 展開としては、ジルコニア卿が実は男だってわかったり、レイジーが真相にたどり着くにつれシーノは裏人格が出てきて2人は協力体制を取れなくなってきて、アインザッツは最後のピース(宝石)をはめると不老不死になる自分に苦悩しているといった感じにそれぞれの掘り下げしつつ謎が解けていく。

 アインザッツは最初から武器として剣を使用。殺陣があるってきいたのが??だったんだけどラストの研究所につかまったレイジーを助けにいくシーンでシーノの剣術。レイジーも手負いながら受け取った剣で殺陣ありました。

 そしてジルコニア卿はじめ3人のオリキャラも機関銃?を持ち込み加勢。ジルコの兄貴マジいい味出してた・・・3人のギャグがいちいち古めで笑ったwセーラー服と機関銃w愛犬も可愛かったし!

 剣で串刺しになるシーン、ダンロンのおしおきかと思った。

 最後にオートマータに殺される伯爵もかなりえぐい殺し方されながら強制フェードアウトしてたしな。怖い・・・。

 なんかあらすじを書く感じになっちゃった。私定点カメラで染さんばっか観てたから他のキャストさんも今すぐにでも映像で見直したいのだけど。じゃあ染さんのよかったとこ書けよって話なんだけどw

 相変わらず滑舌が悪かったので大事なとこで噛んだな。ただ、私の中ではそれ以外(あと歌)は完璧にレイジーでありいつもの染さんの実力を発揮されてたと思う。表情も素敵だし立ち居振る舞い、殺陣、セリフの言い方どれも好き。

 今回はポジション的に主人公っぽくて話を動かしていく(物語としてはアインザッツなんだけど)のでセリフ量も多くてもっくんと別のとこで大変だったように思うけど、もうこんな素敵なものを見せてもらって感無量なわけです。既にマスミラロスの私。

 レビューはやっぱあの衣装はださかった。デュエットがレイジーとシーノだけだったのでせっかく本編で友情が芽生えたんでアインザッツとレイジーも欲しかった。衣装替えの都合なんだろうけど。本編衣装のままでいいのでお願いします・・・。

 歌はもっくん以外の2人はなかなか危ういけど生歌だったんだよね?レビュー自体は短くてKステのアイドルに近い感じだったかな(あっちは録音だったけど)

 主題歌(マスミラ)の出だしのレイジーパートで声でなかったのは残念だったなぁ。聴きたかった・・・キーが合わないのかな。マスミラはフルで歌ってほしかったのもある。でも負担考えるとレビューがあるだけでも大変だろうしなぁ。

 レイジーは盛り上げ役で、輝いてた。

 先日のブログで黄色と緑の識別ができないと書かれていたので、この公演うちわあったらよかったのにと思いながら見てた。でも、判別できなくてもちゃんとライト振ろうと思った。正直に言ってくれたから。そういうとこほんと好き。

 そして挨拶でのSっ気で共演者をいじり出す染さん。そして寿語連発ww

 ちゃんと原作勉強してるんだなぁとほっこり。あんまり染さんにそういうイメージなかった。嬉しそうに連発してるのが可愛かった。めっちゃ噛んでたけどw

 シーノがマジシーノで二人をぎゅってするのもやばかった。

 みなさん挨拶が面白くて爆笑した。窪寺さんとは刀で共演してるけど「あんま仲良くないからマジなのかわからなかった」とか言っちゃうのもやっぱ染さんや・・・それ言わないほうがいいやつ!w

 本編、レビューともにエレガさんの曲とても素敵だったのでなんらかの形で音源化されるのを切に願います。

 今回声色に関しては3人ともそこまで意識しすぎない感じだったので(喋り方だけ寄せてる感じ)バランスよかったかと。

 あとは、3人とも初代の中の人の性格や背景をちゃんと受け継いでいたのも原作ファンには嬉しいポイントかも。逆に予習ないとちょっと混乱しそう。

 観終わった直後はしんどくてもう一回観るのきついなと思ったけど、時間が経っていい作品だったと思えてきました。何回か観てたら慣れてくるんだろうかホラー。特典映像のCMお待ちしてます公式さん!

 やっぱり当たり役だった染さんのレイジーをいつでも観たいのでBD買うと思う。

 くまプリは通販めんどくなってきたからいいかなー田川くんみたいに推しが持って写真写ってくれたら欲しくなっただろうな(うえちゃんのときがそうだった)

 忍びのグッズも再販してほしい。忍びも観たい。JT誰くるのか全く想像つかないなぁ。推しがもうほぼ出ちゃったので発表は冷静に受け止められそう。

 染さんこのあとキングやって刑事さんやって999やるのか。てか歌は・・・大丈夫なの?今日から映画の撮影って忙しすぎだろう。なんの映画なんだろうか。今は黒髪だったよね?

 関係ないけどライビュ会場の映画館でまりおくんの映画やってて羨ましかった。いつか染さんもポスター貼ってるのこの目で見たい!

 あ、劇シャイの話に戻るんだがレビュー衣装はいっそ初代の衣装にしたらよかったんじゃ?(寿先輩なら白いジャケットにハットのゲーム初期絵のやつ)刀の内番並に原作ファンなら嬉しいと思うんだけどな。

 もし、らぶフェスみたいにライブイベやる場合はご検討下さい。いやあのメンツのスケジュール合わせるの大変だろうし無理か。

 舞台慣れしてない方には暗いので安易におすすめできない自己責任で観て下さいといった感じだけど、本家へのリスペクトは徹底していい作品でした。うちの推しもやっぱ噛んでも素敵でした。キャスティング班に感謝しかないです。

petit milady 「petit miretta」全力レビューしてみた

 こんばんは、かのです!しばらく寝かせていたプチミレのアルバムの感想をそろそろ書こうと思います!

 重い腰をあげたのは、明日マスミラのライビュに僻地まで行ってくるからです・・・レビュー関係積むのよくない!w

 やる気なかったみたいな言い方で語弊がありましたが、本作が素晴らしすぎて私ごときが考察もできそうにないし何書こうかなと思って放置してました。

 だってあおちゃんのツイの楽曲解説すごい面白かったしラジオで2人もいろいろ語ってくれてたし。

 たぶん感想を寄せてるムッチュ☆(プチミレファンの通称)もたくさんおられるだろうから、私視点で私に書ける範囲のものをお届けしたいと思います。ぜひ、各誌のインタビューなどもご覧になって1枚通して聴いて頂きたい素敵なアルバムです!

 まず、私のプチミレ視聴歴にちょっと触れますね。初めて手に取ったアルバムは、ファンセレクトアルバムの「Mille Mercis」からです。「青春は食べ物です」をリアタイで知ってたのでその頃には好きだったと思います。そこから「CALENDAR GIRL」もすごく気に入っていて今回のアルバムに入ります。

 ちなみにラジオのほうは今年入ってからひょんなきっかけで聴くようになりました。毎週聴かないと生きれないです。

 前置きが長くなりましたが簡潔にプチミレッタのおすすめポイントを述べます!

 *「童話」モチーフという乙女なら誰しも大好きなテーマ

 *楽曲の幅広さ

 *あやちのブレないまっすぐな歌声とあおちゃんのテクニカルな表現力のバランス

 *作品の一貫性(バラバラなようで纏まっている)

 一番上が一番大事なことですね。プチミレの二人のハーモニーの素敵さや楽曲の幅広さは今までのアルバムでも証明されてるし、前作もコンセプチュアルなものだったので一貫性もいつもありますね。

 男性ファンは童話ってどうなのかな?ただ、衣装がロリィタ系が多いのでプチミレの世界観にばっちり合うテーマですよね。かわいいに決まってる!!!

 個人的に気に入ってる聴き方。

 *朝のテンションあげたいとき:1曲目から5曲目までを聴く

 *帰宅時の疲れたとき:9~11曲目を聴く

 *てっとり早くプチミレワールドに浸りたいとき:6曲目~9曲目

 (5曲目アドリブはあおちゃんの6曲目につながる説もあり、どちらに含めても可)

 ちなみにプチミレをご存じない方にはyoutubeの視聴動画か、6~9曲目の3曲だけでも聴いて頂きたい。ここはプチミレの本気枠。

 個人的な楽曲解説。

 歌詞カードを手元にご用意いただけるとわかりやすいです。

 ラジオやツイッターでのご本人たちの解説にも触れていますのでネタバレです。

 (考察気味なので評論口調になってます)

 1 Girl's Jubilie

  本作のOPテーマにあたる1曲。歌詞を読むと深い。言葉のチョイスが絶妙でワードが多くないがさまざまな解釈ができる曲。二人の女の子が出てくるが、これはプチミレの二人と考えて私は聴いている。「可愛いものが好きで~」の歌詞のあたりからそう連想した。

 音の面では「じゃーん」「しゃーん」と派手に鳴るので朝イチで聴いたら結構びっくりする。逆に身支度すっぞ!とスイッチ入れたいときには最適。

 歌い方のほうも1曲目なのであえてテクニカルな要素は少なく、まっすぐに歌っている印象がある。

 2 空腹からやりなおせ!

 ヘンゼルとグレーテルがモチーフらしい。歌詞の量は「かぐや」の半分くらいだがスイーツなどの名称が多様に使われており、なおかつ掛け言葉も多く遊び心満載。2曲目に入れてくるあたりここで違和感を抱かせるのが狙いかと思われる。

 なぜなら、この歌サビがかなり難解な音階をしている。デュオという強みも生かせる、入りから掛け合いの曲でもある。早速ハモも炸裂している。

 プチミレを初めて聴く人はここであれ?っと思ってほしい。プチミレってハモりが綺麗で音階も難しいのになんか曲がすっとこどっこいなとこあるんだよ・・・!w

 「いじらしく前髪かきあげた」がなんか意味不明で好きなセンテンス。

 3 らぶれたーふろむかぐや

 電波ソング。めっちゃ速い。ラジオで二人が言ってた「かぐやはちょっとあほ」みたいな話が腑に落ちる歌詞。あおちゃんはシンデレラに倒されるって言ってたけど、確かにww

 こちらも空腹~に引き続き中村彼方さんの作詞。やはり言葉選びのセンス抜群。

 すまほ が平仮名だったり あぽろも平仮名なのは徹底してかぐやはカタカナを知らない設定なんだな。

 かぐや姫はとにかく月のことよりも地球の想い人のことしか考えてないw私は思うのだが、この2人は地球で一緒にいたとき恋人同士であったのか?砂に書かれたメッセージを勘違いしてかぐやが両想いと思い込んでる可能性・・・会ったこともないかもしれない・・・恋の情熱とはこんなに女をバカにしてしまうのか、恐ろしい。

 深読みはさておき、コール曲なのでライブでめっちゃ楽しそう!

 4 Eat or Love?

 赤ずきんちゃんモチーフ。ただ、オオカミが男性でヒロイン目線。

 あおちゃんは獣人と言っていたが、私はガテン系の人間とかワイルドな人間の男性に当てはめても聴けるなぁと思った。肉食ならなんでも可!w

 スピード感が心地よく、ドキドキをよく現している曲調。ヒロインがちょっとクールなのも面白い。「人気者のとこ行けよ」ってフレーズから目立たない女の子と思われる。

 かぐやに続いてあおちゃんが色っぽ可愛い歌い方で攻めてきてる。

 5 アドリブ

 あおちゃんがマドンナ×僕っこ説を提唱してからそうにしか聴こえない。百合。

 「何度もすっぴんも見たし」がたぶん女子同士なのかと思わせる。

 サビのメロディがすごい可愛い曲。ふぅーと入るコーラスもきれい。

 ただ、この曲に関しては僕が男子の場合も十分にあるかと思われる。

 幼馴染とかすごく仲のいい男友達ならすっぴんで会うこともあるんじゃ?

 そうだ・・・これのモチーフは美女と野獣だった!歌詞に出てくる2番まで全然気づかなかったわwヒロインが美女なら野獣の解釈はいくらでもいけますね!!メロディほんと可愛い。

 6 人魚姫

 私のプチミレッタで一番の推し曲!歌が入るとこからあおちゃんの歌声が先ほどまでと打って変わって本気。(吐息多めのシリアスな感じ。鳥肌。聴いてほしい)

 かっこいい枠は次のシンデレラなのでこっちはなんと形容すればいいのか、アニソンらしい曲調?速いテンポなのにとてもせつない。モチーフが人魚だからかな。

 でも二人の言ってた人魚姫したたか論も激しく納得できる。

 あと、ヤンデレ感も同意。

 歌詞の気になる部分が「与えることの前に与えてくれるものは何かって試すのね」。愛情を試しているというように解釈できる表現だが、このヒロインである人魚姫は声と引き換えでもいいという子。歌えなくても話せなくても、君まで届くように手を伸ばすと散々歌っている。

 人魚姫は「こんなに私代償を払ったんだから愛されるよね?」ってヒロインだと思って聴いていたら、このセンテンス。

 この曲の歌詞はわかりにくくすることをあえて狙ってやっていると思う。簡単に言うと人魚姫の恋愛スタンスは21世紀の人間の女の子も同じだよねって歌なんだけど。

 アドリブのヒロインなんかはまだ可愛い。そして恋愛のテクニックもわかってる子。人魚姫は重い愛で相手を試す。不安な恋愛しかできない子という個人的なイメージ。怖い。あやちの無垢な歌声がさらに怖さを増すなぁと深読みして震える。

 7 Cinderella Beyond The Destiny

 ニコ生でムッチュらから「ロボットアニメ」曲と連呼されていた、カッコいい曲。確かに。同意しかない。2人もそういった雰囲気を意識した歌声。

 この曲調もかなり好き。PV作ってほしい。(Ma Cheriみたいなのがいい)

 これ、仮想タイアップのとこに「元シンデレラ」ってある。

 歌詞からもこの歌のヒロインは、いきなり何かと戦闘してることが伝わってくる。あの頃の私に戻れないとも歌っている。

 この元シンデレラは王子様(別の惑星の人)を守るために戦っている。その原動力は恋心なんだろうかと。王子様に「ひとりじゃないから」と訴えかけてもいる。

 めっちゃ男前や・・・!

 シンデレラ自体は他力本願なイメージが強いんですけど、この歌のモチーフはなぜシンデレラになった?w「元」ってのがやっぱキーワードだよね。

 このヒロインは強い。だって、王子様とは一緒にいられない感じだよね?自立した女性のイメージな曲。ただ、原動力は愛。

 あおちゃんブログの壮大な対かぐや姫戦のエピソードもぜひ一読を。w

 8 Black Snow White

 白雪姫ならぬ黒雪姫。ニコ生のコメントではラスボスだった。あおちゃんもプチミレッタのバッドエンド曲のようなことを言ってた。

 いや、でもこれ冷静に歌詞読むと白雪姫めっちゃ被害者なんですが・・・?

 アリプロ臭の強い曲調に騙されるところだった。いや、ホラー枠なんでいいのか。

 白雪姫は目覚めたくなさそう。このまま永眠したいと歌ってる。

 やっぱ王子は死体愛好家っていうインタビューにあった説が正解かな。怖い。

 他の歌と違ってヒロインのせいではなく王子様のせいでバッドエンド化しちゃった曲。

 9 魔法使っちゃった

 大丈夫です、ここからちゃんと救済ルートありますよ!って感じに雰囲気変わる。モチーフはオズの魔法使い

 これは普通に現代人なら共感できる歌詞になっていて、感情移入しやすく優しく染み入る。私のイメージでは社会人3年以内の女の子。意見もうまく言えないし優しくもない自分に落ち込んでいる。でも、物語の最後にはちゃんともやもやが晴れる。

 落ち込んだときに聴いたら希望が湧いてくるような曲。このアルバムの中で一番くせがなくて、ただ逆にくせがないのが個性みたいに際立っているのがポイント。

 10 ぼくのティンカーベル

 タイトルから察してもらえるだろうがピーターパンのティンカーベル

 このアルバムのリード曲。テンション高めでアレンジもいかにも歌劇な感じ。

 きらきらしていて夢の国感が強い。

 今まで散々他のヒロインたちが病んできたというのに、このヒロインは誰かを好きになってしまったばかりという感じ。なぜ曲順がここなのかすごく疑問。

 2曲目くらいにあってもよさげだがあえてここでもう一回盛り上がってから終わりたい感じかな?しんみり終わるのもらしくないとは思う。

 11 One and Only Story

  通称トゥルーエンド曲。アルバム自体のエンド曲でもある。1曲目と対になるのを意識している(1曲目の女の子たちが大人になったイメージ)とインタビューで語られている。魔法使っちゃったのヒロインと同じく大人なのでここはやっぱ2曲続けてほしかったなという感想。中盤くらいまでの曲の歌詞のパンチの強さから見るとやや甘いかなぁ。

 楽曲を聴きながら、歌詞カード見ながらこの記事を書いていたら2時間くらい経っていて時計の見間違えかと思いました。文字数やばい。

 ここまでに全て込めたので全力かけたのであとはつべこべ言わずに聴いて頂けるのが一番かと!さりゅー(さようなら)

 

petit miretta(通常盤)

petit miretta(通常盤)

 

 

 

「布教」疲れした私の話

 こんばんは、かのです。

 推しは秋が好きだと言うけれど私は秋が嫌いです。花粉症も気温差もつらい・・・推しとは好みがつくづく合わないなと感じますねwそんなむなしさをスルーすべくセンチメンタル気取ってbacknumber聴いて書いてます。ほんと好きなバンド。他にない才能。

 さて、本題ですがオタクの「布教」というのは自分の好きなもの(アニメや漫画からアイドル、楽曲など広きに渡る)を純粋に仲間に宣伝し、新規ファンの獲得及び、語れる仲間を増やそうとする儀式。たぶん辞書に載せるならこんな感じ。

 私は布教魔です。

 される側だったこともあったけど、周りが私の性格をわかってるからか最近あまり勧められなくなったな。好みがはっきりしてるからなぁ。

 私もはなから無視はもちろんしないし、おススメされて興味があれば自分から見たりします。ゲームならダウンロードしてやってみるしアニメなら見てみる。つまらなかったり合わなかったら無言ですけど、面白かったら教えてくれたことへの感謝を込めて感想を述べます。

 布教のメリットデメリットを書かれているブロガーさんがいて、布教される側のメリットは「自分で新規開拓しなくてもある程度のクオリティのものに触れられる」ってのがありました。

 私は新規開拓するの大好き人間なので布教魔なのかも。「こんな面白い沼あった!」って伝えて回りたいのかな。

 だけど、私もたまには布教されたい!開拓するにも、自分の好みに近いものから攻めるからどうしても対極にあるようなものは手を出しにくい。

 布教魔の喜びってなんだろうって考えたんですよ。そうしたらわからなくなった。

 私がよく布教する友人は、完全に受け身の人間なんです。

 「最近〇〇さん何ハマってる?」

 「何かおすすめあったら持ってきて下さいね」

 とか言ってみたら返ってきた返事がね

 「私布教されるほうが好きなんです」

 「〇〇好きだけどDVDとか持ってないので持ってこれないです」

 さすがにいらっとしません?くれくれ星人と名付けていいですか?w

 (私が単に信用されてない・嫌われているという可能性もあるが)

 そりゃ布教されるほうがラクだしね。

 そこで私が思ったのは、私個人としての理想のオタ友は布教「しあえる」仲間なのかなって。お互いがそれぞれの沼の語りをしててお互いあんまちゃんときいてなくても楽しいことってありません?そんな感じ。

 布教は一方的じゃ楽しくない。自分がある程度時間とか削って見つけてきた娯楽をタダで提供するわけですから。

 それで友人の質の悪いとこが、「とりあえずハマった(好きな)フリをする」んですよ。例えば刀ミュを勧めたら曲は覚えてくるけど芝居は無料配信だろうと見ようとしないんです。それなら全くかじってこないほうが私はいい。

 たぶんこの考えは、私が「とりあえず人に合わせる」日本人的な文化が嫌いだったり、友人関係に損得を考えすぎる性格だからだと思いますけど。

 自分の一番好きなものをそういう反応されたらバカにされたようでみじめになりません?ちょっとでもかじってくれて有難いと思うべきなのか、できそうにないな。

 だから私は彼女への布教活動はやめようと思います。あっちも迷惑してたかもだしちょうどいいんじゃないかと。

 布教というほどではなくとも、知り合いのアニオタと

 「今期なに見てます?」

 「それ気になってたんですけど、どんな感じ?私好きそう?」

 みたいな軽い会話をするほうがお互いの為になるなーと感じました。実際に本や円盤を貸し借りや持ち寄る必要もなく、手軽なぶん合わなくても相手も覚えてないだろうし適当に流せばいいし。

 あと、極論言うと布教してきた人より自分のほうがハマってしまうとか、同じくらいのレベルでハマってくれることってほとんどないんじゃないかな。そう思うと、一人で楽しんでても別にいいやって。

 ツイッターとかやる人なら作品で他の人と繋がれば同じ温度の人は見つかるかもしんないですね。

 そんなこんなで役名よりも俳優名が先に出てしまう感じの私は近い温度で語り合える人をネットにももちろんリアルにも作れそうになくなりました。

 逆にリアルで偶然出会えたらすごい仲良くなれそう。(推しかぶらない場合のみ)

 結局オタ友いらねぇ、友達いらねぇっていう引きこもり精神を炸裂させてさらに趣味の新規開拓に力をいれる悪循環?いやインドアおひとり様としての最強ループ!w

 それでは皆様の素敵なオタクライフをお祈りして終了します。

いらない情報持ってませんか。

 こんばんは、かのです。ちょっと更新サボってました。

 あまりネタがなかったのです。

 あ、また推しくんの舞台の情報出たけど主演の元アイドルの人が嫌だなぁ・・・上手いならまだしもお察しかと。推しくんの黒髪が見れるのは嬉しいが。

 先日オタともに会ったのでマスミラレビュー衣装の画像を見せたところ、「今日一番の衝撃」という言葉をもらいました。あれは・・・なんなんだろうほんと。

 忍び道のレビュー衣装はかっこいいのに今回なんなの。あと忍び観たいので配信して。グッズも欲しいから再販して。(ここの公式は初代から商売へたくそ)

 ライビュはぶっちゃけまだ迷ってます。今週・・・

 さて、タイトルの件なんですが。オタともはツイッターやってる子なので、俳優オタでもないけど話題になったことはだいたい知っててびっくりした件。私より詳しいとこもあった。

 でも、その情報ってあなたにとって必要??って思ったので今回の記事を書いています。

 私は女性向けのまとめサイトを日に1回見るんですが、見出しで「ふーん」ってなるだけで記事は読まないことが多いです。ニュースサイトとかもたまに見てもそんな感じ。

 みんな知ってるからって自分も知る必要あるのかって思うんですよ。

 私は記事に興味が湧いたら読みますけど、あとはツイッターで公式をフォローしてるので公式の発言しか基本的に信じないし興味もない。

 特に話のネタに挙がるのは「運営の失態」だったり「炎上しちゃったオタク」の話だったり、「オタクにストーカーされた人の話」だったり。別に面白くもないし、知らなくて困ることもない。

 マイナスかつネガティブな話題に群がって自分の意見?いや、同調したがるのがツイッターって文化でしょう?少なくとも私はそう思ってる。だから個人アカウントは作らない。RTとかどうでもいいことばっかじゃん?

 疲れて帰宅してSNS開いてネガティブな話題に愚痴言ってやれ炎上だなんだってバカ騒ぎして何が楽しいの?ストレス発散ならひとカラのがよっぽどいいわ。

 有名税だから芸能人叩くの当たり前、なんならちょっとまずいことしたら一般人も晒されて叩かれるわけだ。現代人がいかにいじめ大好きか見てとれる現象だよね。引く。

 人の欠点やミス探してやり玉に上げる時間あるならもっと有意義なことしたらいいのに。そんなんやるより睡眠取ったほうがよっぽどストレス解消になるんじゃね。

 ネット民は昔からそういうことをする輩だから自分の中で特にどうこう言う気はないんですが、一般人までツイッターでくだらないアンチ化してるのがどうかと思うんだよね。畑違いのジャンルの愚痴言うより自分の趣味に時間さきたいと思わないのか?

 よっぽど批評したいことがあるなら140文字以上で書いてみてと言いたい。ブログでもなんでも意見を言えるとこはあるのに、140文字でしか語れない程度の批評なわけですか。

 ツイッターには悪意が満ち溢れていて私には本当に無理。

 公式アカウント以外なんて見る価値ないわ。

 以上ツイッターアンチの完全なる愚痴でした。

 時間や心に余裕ができたらプチミレッタの感想あげたい。